日本眼科学会:無虹彩症の診断基準および重症度分類
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > 無虹彩症の診断基準および重症度分類
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

無虹彩症の診断基準および重症度分類

要約

 厚生労働省難治性疾患政策研究事業による希少難治性角膜疾患の疫学調査研究班が症状、検査所見、鑑別診断、眼外合併症、遺伝学的検査、その他の所見からなる無虹彩症の診断基準を作成した。重症度分類については矯正視力および視野狭窄の程度によって分類される。(日眼会誌124:83-88,2020)

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.