日本眼科学会:日本のドライアイの定義と診断基準の改訂(2016年版)
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > 日本のドライアイの定義と診断基準の改訂(2016年版)
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

日本のドライアイの定義と診断基準の改訂(2016年版)

I 背景

 2006年にドライアイ研究会がドライアイの定義と診断基準を改訂してから10年が経過した1)。この10年の間のドライアイの臨床および基礎研究の進歩は目を見張るものがあり、我が国はその中でも世界をリードしてきたといっても過言ではない。研究の発展にはドライアイの概念と診断基準の統一が必須であることは論を俟たず、2006年のドライアイ診断基準の発表がある程度寄与したことは大変喜ばしい。今回、ドライアイの定義と診断基準を改訂することとなった。その理由は、この10年のドライアイ研究の進歩と国際的な状況の変化があり、本稿ではその点について概説する。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.