日本眼科学会:眼科用電子カルテシステムのあり方について 斜視 眼振-下垂・突出-眼瞼下垂
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申眼科用電子カルテシステムのあり方について > 斜視 眼振-下垂・突出-眼瞼下垂
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

<<入力テンプレート例一覧に戻る

入力テンプレート例:斜視 眼振-下垂・突出-眼瞼下垂

※下の画像をクリックすると原寸大で表示します

原寸大で表示

全科カルテへの表示例

【斜視】

眼瞼下垂・眼球突出
  上方視:R = 5 mm、L = 6 mm、
  正面視:R = 7 mm、L = 8 mm、
  下方視:R = 9 mm、L = 10 mm、
  挙筋機能:R = 11 mm、 L = 12 mm、
  Bell現象:R = -、L = ±、
  二重瞼:R = +、L = -、
  Chin elevation: -、
  Marcus Gunn phenomenon:R = ±、L = +、
  眼球突出ヘルテル:R = 12 mm、L = 20 mm、Base = 30 mm、
 コメント
あいうえお


.

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.