日本眼科学会:緑内障診療ガイドライン(第3版)補遺 緑内障チューブシャント手術に関するガイドライン
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > 緑内障診療ガイドライン(第3版)補遺 緑内障チューブ(後略)
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

緑内障診療ガイドライン(第3版)補遺
緑内障チューブシャント手術に関するガイドライン

 緑内障手術の中で、濾過手術は房水を非生理的流出経路で結膜下に導き眼圧を下降させる術式であり、線維柱帯切除術に代表されてきた。しかしながら、複数回の濾過手術によっても眼圧下降が得られない、あるいは濾過手術が実施困難な症例も多数存在し、このようないわゆる難治緑内障に対する治療手段として、海外では人工物(glaucoma drainage devices:GDD)の眼内挿入によって房水流出促進経路を確保し眼圧下降を図る手術が行われてきた。これに対して我が国では長い間、GDDが医療器具として承認されず難治緑内障の治療に困難があったが、今回、従来の緑内障手術の実施が困難な症例、従来の緑内障手術では奏功が期待できない、あるいは重篤な合併症が予測される症例など、GDDの使用が従来の緑内障手術にまさると考えられる症例に限っての使用が認められると同時に、海外で使用されているGDDの一部が医療器具として承認された。
 本ガイドラインでは今回承認されたGDDを含めた代表的GDDについてその原理、適応、術式、成績、合併症について解説する。
 なお、GDDを使用する術式は英文ではtube-shunt surgery、drainage-device surgery、あるいはdrainage implant surgeryなどさまざまに呼称されるが、本ガイドライン補遺では日本緑内障学会による緑内障診療ガイドライン(第3版)に従い「チューブシャント手術」の呼称を用いる。また、GDDはaqueous shuntsとも呼称されるが適切な邦訳がない。本邦では一般に単に「インプラント」の語が用いられているが、「インプラント」はGDDあるいはaqueous shuntsを特定する言葉ではないため、本ガイドラインでは英文のままGDD(glaucoma drainage devices)を用語として用いる。

日本緑内障学会チューブシャント手術ガイドライン作成委員
白土 城照、鈴木 康之、谷原 秀信、千原 悦夫、布施 昇男(五十音順)

緑内障診療ガイドライン(第3版)補遺

緑内障チューブシャント手術に関するガイドライン(287k)

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.