日本眼科学会:ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き

I はじめに
 ヒドロキシクロロキン硫酸塩(hydroxychloroquine sulfate:HCQ)は、抗炎症作用、免疫調節作用、抗マラリア作用、抗腫瘍作用など多岐にわたる作用を有する薬剤である。HCQは皮膚エリテマトーデス(cutaneous lupus erythematosus:CLE)および全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)に対する標準的な治療薬と位置付けられており、2015年7月にプラケニル®錠が、「皮膚エリテマトーデス、全身性エリテマトーデス」の適応症で承認を取得した。(日眼会誌120:419-428,2016)

ヒドロキシクロロキン適正使用のための手引き(1.98MB)

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.