日本眼科学会:白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準(第2版)
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > 白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準(第2版)
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準(第2版)

白内障手術併用眼内ドレーン会議

 2016年に、白内障手術併用眼内ドレーン(販売名:iStentトラベキュラー マイクロバイパスステント システム、以下iStentという)が承認され、白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準を作成した1)。その後、2019年10月31日に、新たな白内障手術併用眼内ドレーン(販売名:iStent injectトラベキュラー マイクロバイパス システム、以下iStent injectという)が承認されたため、iStentとiStent injectの使用に関して、白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準(第2版)を作成することとなった。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.