日本眼科学会:オルソケラトロジー・ガイドライン
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > オルソケラトロジー・ガイドライン
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

オルソケラトロジー・ガイドライン

 オルソケラトロジー(orthokeratology)レンズ(以下、オルソKレンズとする)は、就寝時装用することにより、起床時以降に良好な裸眼視力を提供する屈折矯正手段として用いられる。しかし、厚生労働省の承認を受ける以前から本レンズの処方が医師の裁量権のもとに行われ、一部で処方上のトラブルや合併症も散見されるようになっている。本レンズのレンズデザインは特殊であり、フィッティング原理、使用目的、使用方法なども従来のハードコンタクトレンズのそれとは異なるものである。
 オルソKを有効かつ安全に行うためには、オルソKレンズの正しい処方と使用方法の遵守がきわめて重要であるため、ここにガイドライン委員会および臨床試験施設委員会を立ち上げ、オルソKレンズのガイドラインを策定した。今回の承認を受け、本ガイドラインが我が国におけるオルソKの健全な発展に資することを関係者一同が望むものである。

2009年4月
日本コンタクトレンズ学会
理事長 大橋 裕一

オルソケラトロジーガイドライン委員会
金井  淳(委員長)、糸井 素純、大橋 裕一、木下  茂、澤   充、下村 嘉一、西田 輝夫

オルソケラトロジー臨床試験施設委員会
吉野 健一(委員長)、上松 聖典、高橋  浩、高橋 義徳、土至田 宏、俊野 敦子、平岡 孝浩、松原 正男、宮本 裕子、森  秀樹、門田  遊、柳井 亮二

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.