日本眼科学会:斜視に対するボツリヌス療法に関するガイドライン
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへガイドライン・答申 > 斜視に対するボツリヌス療法に関するガイドライン
会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

ガイドライン・答申

斜視に対するボツリヌス療法に関するガイドライン

 本邦では斜視の治療薬として2015年にA型ボツリヌス毒素製剤(商品名:ボトックス)が承認されており、本剤を用いた注射療法(ボツリヌス療法)の実績は承認後の4年間で約1,500件に及んでいる。斜視に対するボツリヌス療法は専門的な知識と技術を要する治療であり、ボツリヌス毒素を精製した製品の特性から、施行の際には事前患者登録や失活・廃棄といった措置が義務づけられている。そこで今回、使用要件等の基準も含めたガイドラインを策定することとした。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.