日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.104 No.4 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.104 No.4 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.104 No.4

巻頭言

白内障研究の進歩と最近の動向
尾羽澤 大 …… 205

基礎研究

ヒト褐色白内障水晶体核部水溶性分画における遊離蛍光物質の同定
安藤佳奈子、白尾 悦子、岩口由香里、白尾  裕、井上  周 …… 207
褐色白内障核中に特異的に増加している1つの遊離蛍光物質は、長期静置で非褐色白内障核低分子分画中に著増する蛍光物質と同一で、キサンツレン酸グルコシドと同定された。

リドカイン眼内投与の白色家兎眼に対する影響
西出 忠之、門之園一明、伊藤 典彦、矢間  太、遠藤 要子、澤田  元、大野 重昭 …… 214
白色家兎眼の前房内と硝子体内に0、0.02、0.2、2%リドカインを注入し、角膜内皮細胞数と網膜電図を記録した。2%で角膜内皮細胞数と網膜電図に有意な変化があった。

ヒトおよび糖尿病ラット白内障の水晶体上皮細胞におけるアポトーシスの免疫組織化学的研究
高村 佳弘、杉本 佳彦、久保 江理、高橋 幸男、赤木 好男 …… 221
ヒトおよび糖尿病ラット白内障の上皮伸展標本においてTUNEL陽性細胞があった。白内障の上皮細胞においてアポトーシスが存在する可能性が推定された。

臨床研究

塩酸カルテオロール点眼の人眼の眼循環動態に及ぼす影響
水木 健二、山崎 芳夫 …… 226
塩酸カルテオロール点眼の人眼の眼循環動態をCDIおよびHRFで検討し、正常人眼の眼窩内微小血管および乳頭周囲網膜組織の血流増加作用があることが推定された。

Rayleigh等色法による特発性黄斑円孔術後の視機能評価
西尾 佳晃、神立  敦 …… 232
特発性黄斑円孔術後症例の視機能をRayleigh等色法を用いて評価した。視細胞の光学濃度の効率の低下は、視力が回復した後も長期にわたり残存していた。

駆逐性出血眼に対する硝子体手術成績
石田 政弘、竹内  忍 …… 237
駆逐性出血眼12眼の硝子体手術成績を検討した。最終復位は9眼、非復位3眼は眼球癆となり、復位例の最終視力は、0.1以上が4眼、0.01〜0.09が4眼、光覚(─)が1眼であった。

視標提示課題の違いによる衝動性眼球運動のパラメータの変化
 ―第1報 潜時について―

松崎 廣栄、大野 晃司、根本  徹、山田 徹人、吉田  寛、清水 公也 …… 242
健常成人9名を対象に、通常、ギャップ、重複、遅延記憶、アンチSMの視標提示課題を試行した場合に誘発される、衝動性眼球運動のパラメータとして潜時を計測、検討した。

中心性漿液性脈絡網膜症における多局所網膜電図
鈴木 恵子、長谷川 茂、臼井 知聡、市辺 幹雄、高田 律子、高木 峰夫、阿部 春樹 …… 248
中心性漿液性脈絡網膜症における多局所網膜電図(mERG)の有用性を検討した。経過中のmERGは徐々に回復したが、網膜下液消失後も振幅の低下が持続した。

内頸動脈に閉塞のない眼動脈逆流を示した1例
相馬 信和、田坂 嘉孝、中内 一揚、久保田泰隆、天野 良成、曽我部貴士 …… 255
眼症状に乏しく、内頸動脈に病変のない、眼動脈逆流の1例につき、その血流動態をDSA、CDIを用いて考察した。

原発性滴状角膜の23例
北川 和子、藤沢  綾、水野 敏博、佐々木一之 …… 260
滴状角膜のみられた23例について、性別、年齢、他の眼科疾患合併の有無、角膜所見、角膜内皮細胞形状を検討した。

症例報告

隅角組織を組織学的に検索した両眼性Chandler症候群と考えられた1例
松本 行弘、石井 康雄、鈴木 利根、筑田  眞、小原 喜隆 …… 266

両眼の角膜内皮細胞の著明な減少を呈し、虹彩萎縮や虹彩前癒着がない症例の隅角組織を検索したところ、広義のChandler症候群あるいはその初期病像が考えられた。

編集室

日眼会誌とJJO
阿部 春樹 …… 276

専門医制度・生涯教育講座

総説2 硝子体牽引と裂孔原性網膜剥離
樋田 哲夫 …… 279

会報

…… 61

学会・研究会

…… 64

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.