日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.105 No.7 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.106 No.7 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.105 No.7

巻頭言

糖尿病網膜症の電気生理―歴史と最近の進歩
河崎 一夫 …… 433

基礎研究

糖尿病網膜症の硝子体における glycoxidation とサイトカインの関係
松本 行弘、高橋 正哲、緒方 正史 …… 435

DRのヒト硝子体において、glycoxidationにより VEGFの分泌・発現が促進している可能性が推定された。また、total TGF-β2とMCP-1も関連性のある変動を示した。

トラニラスト点眼薬濃度と後発白内障抑制
宮沢優美子、岩城 陽一、矢高 真人、戸張 幾生 …… 442

トラニラスト点眼薬の後発白内障に対する抑制効果を検討した結果、0.5、1.0、2.0%のすべてで後嚢混濁を抑制したが、各濃度間に有意差はなく、0.5%で十分と考えられた。

臨床研究

非穿孔性線維柱帯切除術後濾過胞の超音波生体顕微鏡所見
須田生英子、福地 健郎、太田亜紀子、中枝 智子、船木 繁雄、原  浩昭、白柏 基宏、阿部 春樹 …… 447

NPT術後濾過胞と強膜弁下の形態をUBMで観察した。NPTの濾過胞は平坦化、限局化しやすい傾向があり、L typeの濾過胞を維持するための工夫が必要である。

特発性黄斑円孔の臨床的特徴―性差およびステージ差
熊谷 和之、荻野 誠周、出水 誠二、渥美 一成、栗原 秀行、岩城 正佳、石郷岡 均、舘 奈保子 …… 452

女性ではより若く発症し、初期からより大きな円孔が生じ、屈折値はより正視であった。黄斑円孔の発症および進行には性差があると推測した。

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の長期成績
石田 政弘、竹内  忍 …… 457

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の術後長期手術成績を検討した。多くの症例で長期にわたり比較的良好な術後視力を得ることができ、硝子体手術の有用性が確認できた。

HbA1C値が良好で検眼鏡的眼底所見が正常なインスリン非依存性糖尿病患者の暗所閾値電位
金子 宗義 …… 463

HbA1C値が良好で眼底に異常所見のないインスリン非依存性糖尿病患者の暗所閾値電位は、振幅、潜時ともに対照群と同等の値になることが明らかになった。

多局所網膜電図の記録・解析法を用いた初期糖尿病患者の網膜電図―二次核成分の変化―
三田真理子 …… 470

網膜症のない糖尿病者の多局所網膜電図の応答密度は正常より大で、網膜血流の増加が原因と思われた。刺激輝度の変化への応答態度から、各波の発生起源の違いが考えられた。

腎移植患者のステロイド白内障におけるシクロスポリンの影響
中村 孝子、佐々木 洋、永井 康太、藤澤 来人、佐々木一之、鈴木 孝治、津川 龍三 …… 478

腎移植患者のステロイド白内障に対するシクロスポリンの影響を検討した結果、シクロスポリンがステロイド白内障に対して促進的に作用している可能性が推定された。

エイズ治療・研究開発センターを受診したヒト免疫不全ウイルス感染者の眼病変
宮本 千絵、八代 成子、永田 洋一、長瀧 重智 …… 483

ヒト免疫不全ウイルス感染者322例のうち51例に眼病変があった。網膜微小血管障害が35例、サイトメガロウイルス網膜炎が17例で、他は1例ずつであった。

Frequency Doubling Technology の極早期緑内障性視機能異常検出能力の検討
山城 博子、田中 麻以、斎藤  守、白土 城照 …… 488

Frequency Doubling TechnologyはHumphrey Field Analyzerより早期に緑内障性視機能異常を検出できる。

外国誌要覧

長谷部 聡、日下 俊次、安成 隆治、中村  誠 …… 494

編集室

変えるぞ日眼閣!
大橋 裕一 …… 496

専門医制度・生涯教育講座

総説7 白色瞳孔
本村 幸子 …… 497

会報

…… 143

学会・研究会

…… 166

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.