日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.105 No.11 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.105 No.11 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.105 No.11

巻頭言

LASIK術後眼―診療上の問題点
大鹿 哲郎 …… 743

基礎研究

外眼筋遅筋線維の動的粘弾性に関する研究
―第2報 急速短縮法と周波数―張力反応法を用いた家兎外眼筋の動的粘弾性特性の検討―

平木 泰典、木村  久、水川 憲一、田淵 昭雄 …… 745

外眼筋の動的粘弾性を急速短縮法と振動数変化法を用いて調査した結果、遅筋線維を多く含む上直筋が速筋線維を多く含む眼球後引筋よりも高い動的粘弾性特性を有した。

前眼部手術用コラーゲン粘弾性物質の安全性試験
―血中抗コラーゲン抗体と前房内コラーゲン残留濃度の測定―

森本 厚子、金井  淳、田中 晶子、永井  裕 …… 750
コラーゲン粘弾性物質は家兎眼前房内注入後の抗体産生能、前眼部の炎症、眼病理組織学検査では抗原性は低く、前房からの排出も速かった。溶媒を変更することにした。

臨床研究

青森地域9病院における糖尿病網膜症疫学調査
松橋 英昭、田村 正人、工藤 幹彦、須田 俊宏、八木橋操六、中沢  満 …… 760

多施設で無作為に抽出した2型糖尿病患者の調査結果。フルオレセイン蛍光眼底造影を全例に実施した施設では単純糖尿病網膜症の検出率が通常の約2倍高かった。

トラベクレクトミー術後早期の毛様体上腔液
杉本 浩多、伊藤 邦生、江崎 弘治、宮村 昌孝、佐宗 幹夫、宇治 幸隆 …… 766

トラベクレクトミー術後早期に、明らかな脈絡膜剥離がなくてもUBM検査で毛様体上腔液が33%で存在した。この毛様体上腔液は全例3か月以内に消失を確認された。

Laser in situ keratomileusis後の眼圧過小評価
有本 あこ、清水 公也、庄司 信行、榎本喜久子、小原真樹夫 …… 771

LASIK希望者65例115眼の術前、術後の眼圧を比較した結果、眼圧は有意に低下していた。また、眼圧低下量と矯正度数、角膜厚、角膜曲率半径は相関を示していた。

早期緑内障眼における黄斑部青錐体感度と視神経乳頭形状変化との相関
山崎 芳夫、田中 千鶴、早水扶公子、水木 健二 …… 776

黄斑部青錐体感度測定は視神経乳頭耳側の形状変化から、鋭敏に緑内障性視神経障害が検出される可能性を持つ。

川崎医科大学附属病院眼科における斜視手術後眼位の検討
赤塚 俊文、木村  久、岡 真由美、新井 紀子、深井小久子、田淵 昭雄 …… 781

共同性斜視の手術による眼位変化に影響する因子を検討した。内斜視は、弱視の有無、眼位、術式が、外斜視は、網膜対応の有無、術式、斜筋手術の有無が影響する因子であった。

特発性黄斑円孔に対する内境界膜剥離と視力予後
山西 茂喜、恵美 和幸、本倉 雅信、大島 佑介、中山  幸、渡邊 雅樹 …… 788

内境界膜剥離による特発性黄斑円孔の成績は、StageIIとIIIでは初回円孔閉鎖率に差はなかったが視力改善が良好で、StageIVでは視力改善に差はなかったが円孔閉鎖に有効。

編集室

日眼会誌を論文執筆のトレーニングの場に
小椋祐一郎 …… 794

談話室

感覚器医学の研究動向と展望
日本学術会議感覚器医学研究連絡委員会 …… 795

専門医制度・生涯教育講座

…… 801

会報

…… 243

学会・研究会

…… 249

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.