日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.106 No.7 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.106 No.7 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.106 No.7

巻頭言

強度近視の問題点と対策
……不二門 尚……381

基礎研究

強度近視患者の生活の質
タカ嶋 隆行、横山 徹爾、二神  創、大野 京子、田中 平三、所   敬、望月  學……383

強度近視患者のQOLは低下していた。その大きな要因は視力の低下そのものより二次的に生じるハンディキャプにあった。

春季カタル巨大乳頭におけるサイトカインmRNAの発現
森  純一、石崎 道治、妹尾  正、小原 喜隆……392

春季カタル症例の巨大乳頭を試料とし、RT-PCRを用いて、サイトカイン(12種類)のmRNAの発現を調べた。

臨床研究

常染色体優性視神経萎縮の1家系における新しいtype1opticatrophy遺伝子異常
清水 聡子、森  直樹、岸  真理、菅田 裕久、津田 明子、久保田伸枝……398

常染色体優性視神経萎縮の家系において新しいOPA1遺伝子異常をスプライシング部位に検出した。本論文は日本で初めてのOPA1遺伝子異常の報告である。

三次元ディスプレイを用いた視覚負荷による眼精疲労―矯正方法における違い―
岩崎 常人、田原 昭彦……404

三次元ディスプレイによる眼精疲労は、矯正方法によって差を生じ、眼鏡装用の場合が最も影響が少なかった。

強度近視を伴う内斜視の眼球形態の特徴
秋澤 尉子、安澄健次郎、田中 明子……411

MRI画像により、近視性内斜視群と強度近視群、対照群の外眼軸長・最大横径を計測した。近視性内斜視群は他2群より有意に外眼軸長、横径ともに大きく、眼球拡大があった。

症例報告

涙点プラグ挿入眼に発症した放線菌による涙小管炎
竹村 真貴、横井 則彦、中村  葉、小室  青、杉田 二郎、木下  茂……416
涙点プラグによる肉芽形成が要因と考えられる涙小管炎の1例を経験した。プラグ抜去時に排出された膿性塊から放線菌が検出され、ペニシリン系抗生物質点眼で改善した。

結膜原発濾胞性リンパ腫の1例
安積  淳、平井 宏二、田村  泰、齋藤 和子、山本 博之、根木  昭、大林 千穂……420

日本人の眼付属器に発生するリンパ腫としては極めて稀な結膜原発の濾胞性リンパ腫を報告した。細胞表面マーカー、遺伝子再構成検索、染色体異常の検出から確定診断した。

編集室

「引用文献」
田淵 昭雄……426

談話室

総説11色覚
北原 健二……431

会報

…… 143

学会・研究会

…… 147

vision2020と緑内障:緑内障マス・スクリーニングは必要か
平塚 義宗……427

専門医制度・生涯教育講座

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.