日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.106 No.9 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.106 No.9 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.106 No.9

巻頭言

眼疾患と性ホルモンおよび性差
西田 輝夫 …… 555

基礎研究

ヒト角膜におけるエストロゲンレセプターα、β、アンドロゲンレセプター、プロゲステロンレセプターの発現
羽出山 勉、中安 清夫、Ha NT、中村 眞二 …… 557

ヒト角膜におけるエストロゲンレセプターα、β、アンドロゲンレセプター、プロゲステロンレセプターの発現を免疫染色およびRT-PCRで検討し、その発現を確認した。

調節機構─免疫組織学による研究─
平岡 満里、小嶋 直介、妹尾 春樹 …… 565

免疫蛍光染色法の手法を用いて調節に関与する組織をサル眼について検討した結果、弾力性細胞外マトリックスの連携による積極的な屈折変動機構が関与していると考えられた。

臨床研究

全距離視力表および角膜形状解析を用いた偽調節良好例の検討
和田佳一郎、名和 良晃、桝田 浩三、中塚三恵子、原  嘉昭、魚里  博 …… 574

偽調節良好例の全距離視力パターンについて考察した。また、角膜形状解析により、角膜屈折力の勾配が偽調節に有利に働いていることが示された。

硝子体液中β-D-グルカン値の臨床的意義の検討
真保 雅乃、伊藤 典彦、門之園一明 …… 579

硝子体液中のβ-D-グルカン値を測定したところ、真菌性眼内炎の症例で高値を示した。したがって、β-D-グルカン値は真菌性眼内炎の診断の指標になると考えられる。

中心性漿液性網脈絡膜症における脈絡膜異常組織染の面積の経時変化
落合 淳一、加藤まゆみ、谷川  弘、小林 義治 …… 583

中心性漿液性網脈絡膜症における脈絡膜異常組織染の面積を経時的に比較し、脈絡膜透過性の変化が本疾患の経過に関連していることを確認した。

糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜剥離
熊谷 和之、萩野 誠周、古川真理子、出水 誠二、渥美 一成、栗原 秀行、岩城 正佳、石郷岡 均、舘 奈保子 …… 590

糖尿病黄斑浮腫に対する内境界膜剥離は浮腫の吸収を促進する。浮腫の重症例では、より効果的である。浮腫吸収促進に伴う視力改善効果はあまりない。

糖尿病黄斑症における中心窩下硬性白斑除去
熊谷 和之、荻野 誠周、古川真理子、出水 誠二、渥美 一成、栗原 秀行、岩城 正佳、石郷岡 均、舘 奈保子 …… 595

集中した中心窩下硬性白斑除去は有効であるが、その視力成績には限界がある。散在する中心窩下硬性白斑除去は集中を予防し、視力予後を良くする可能性がある。

外国誌要覧

宇山 昌延、吉富 健志 …… 602

編集室

インターネットとオンラインジャーナル
小涼祐一郎 …… 603

談話室

一般演題にもっと光を
吉村 長久 …… 605

専門医制度・生涯教育講座

…… 607

会報

…… 193

学会・研究会

…… 200

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.