日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.106 No.10 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.106 No.10 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.106 No.10

巻頭言

黄斑変性に対する治療の進歩
岡田アナベルあやめ …… 613

基礎研究

ホスホジエステラーゼ3型阻害薬NSP-805の家兎網脈絡膜循環に対する影響―レーザードップラフローメータを用いた検討―
内田 英哉、富田 剛司、保科  太、望月 信夫、北澤 克明 …… 615

ホスホジエステラーゼ3型阻害薬であるNSP-805は、正常家兎眼の網脈絡膜循環を増加させた。

臨床研究

加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管に対する光凝固のインドシアニングリーン蛍光造影の有用性
森 隆三郎、湯沢美都子 …… 621

加齢黄斑変性の中心窩外の脈絡膜新生血管(CNV)に対するICG-guided laser photocoagulationと中心窩CNVの栄養血管光凝固の有用性を検討した。

トロピカミド、塩酸フェニレフリン、ジクロフェナクナトリウム混合点眼液を用いた白内障手術成績
ヒロ
渡 崇郎、徳田 和央、亀井 裕子、宮崎 靖則、松原 正男 …… 630
白内障手術時の術前・術後瞳孔径および縮瞳率について、術前点眼液としてTPD点眼液を用いた場合と従来の点眼液を用いた場合で比較し、両点眼液に差がなかった。

調節に対する遠方化刺激の眼精疲労への効果
岩崎 常人、田原 昭彦、三宅 信行 …… 634

調節に対する光学的方法による遠方化刺激は、視覚負荷による視機能の低下を軽減し、眼精疲労に対して効果があると考えられた。

網膜下血種を伴ったポリープ様脈絡膜血管症の視力予後
木村 忠貴、秋田  穣、西島 一晃、愛川 裕子、高橋 政代、万代 道子、本田 孔士 …… 642

網膜下血腫を伴ったPCVにおいて、CNVを合併した症例の視力予後は不良であった。

ミドリン®P、ネオシネジンコーワ®、ジクロード®点眼混合液の角膜上皮バリア機能に対する効用―糖尿病患者における硝子体手術術前点眼液としての検討―
徳田 和央、廣渡 崇郎、亀井 裕子、宮崎
 靖則2)、松原 正男 …… 648
散瞳剤と消炎剤の混合点眼液(TPD)を調製し、糖尿病患者の術前点眼液としての有用性を角膜上皮障害に関し単剤点眼と比較した。TPD点眼はバリア機能の障害を軽減した。

JJO掲載論文の要約

…… 654

編集室

「タイトル」
田原 昭彦 …… 661

談話室

ローティーン
清水 弘一 …… 662

専門医制度・生涯教育講座

総説12 神経眼科的診察法・検査法
三村  治 …… 663

会報

…… 213

学会・研究会

…… 216

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.