日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.106 No.11 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.106 No.11 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.106 No.11

弔辞

…… 683

巻頭言

眼科診療における画像検査機器の駆使
白木 邦彦 …… 687

基礎研究

二次角膜移植片拒絶反応モデルにおけるドナー角膜へのultraviolet-B前処置による効果
片見 睦夫、皆本  敦 …… 689

同所性同種異系角膜移植二次移植片拒絶反応モデルにおいてultraviolet-B irradiationを用いたドナー移植片前処置の効果を検討した。

臨床研究

機能的磁気共鳴画像法による色相配列課題におけるV4α野の活動
仲泊  聡、北原 健二、神立  敦、田中雄一郎、武内 弘明、宮内  哲 …… 694

機能的磁気共鳴画像法により、ヒト色覚中枢とされるV4野の前方に存在するV4α野において、色相配列検査遂行に何らかの関連を持つ情報処理を行っていることが示された。

網膜静脈分枝閉塞症に併発する黄斑浮腫に対する硝子体手術
熊谷 和之、荻野 誠周、古川真理子、出水 誠二、渥美 一成、栗原 秀行、石郷岡 均 …… 701

網膜静脈分枝閉塞症に併発する黄斑浮腫に対する硝子体手術後、黄斑浮腫は速やかに吸収し、それに伴い視力は改善する。硝子体手術は有効な治療法かもしれない。

脈絡膜新生血管に対するレーザー凝固斑の長期における拡大
松田  理、張野 正誉、岩橋 佳子、永谷 周子 …… 708

脈絡膜新生血管に対して光凝固を行った79.2%(19/24)で、凝固斑の拡大がみられた(平均観察31か月)。眼軸長と拡大率は有意に相関していた。

強角膜深層移植術後の結膜上皮の角膜上皮化生
後藤  晋、菅田 裕久、小坂井 守 …… 714

強角膜深層移植術で再建された瘢痕性角結膜上皮疾患の術後角膜上皮は、FISH解析により、ホスト結膜上皮が角膜上皮化生(transdifferentiation)している可能性が推定された。

症例報告

硝子体腔に突出する増殖物が形成された鈍的眼外傷による脈絡膜破裂の1例
大矢 佳美、吉澤 豊久、青木 朗子、栗原亜希子、阿部 春樹 …… 721

脈絡膜破裂から硝子体腔に突出する増殖物が形成された1例を経験した。光干渉断層撮影は、黄斑部の経時的な形態変化の観察と視力予後の推測に有用であった。

編集室

男女共同参画 その2
寺崎 浩子 …… 728

専門医制度・生涯教育講座

…… 729

会報

…… 229

学会・研究会

…… 233

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.