日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.108 No.1 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.108 No.1 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.108 No.1

理事会から

樋田 哲夫 …… 1

巻頭言

屈折異常と調節
所   敬 …… 3

臨床研究

三次元ディスプレイ上での立体像注視時の調節特性
岩崎 常人、田原 昭彦 …… 5

立体像を注視した時の調節応答量は、視差を交差性にとり前方像として知覚させた場合には過剰となり、視差を同側性にとり後方像として知覚させた場合には過小傾向であった。

強度近視の眼球後部と筋円錐
秋澤 尉子、安澄健次郎、井田 正博 …… 12

眼球後部は対照群では4外眼筋から成る筋円錐の中央に位置した。強度近視群および近視性内斜視群では筋円錐の外上方に方向性を持って偏位し、偏位量は外眼軸長に相関した。

特発性黄斑上膜に対する硝子体手術成績と中心窩網膜厚の経過
石田 政弘、竹内  忍、中村 充智、森本 健司、沖坂 重邦 …… 18

特発性黄斑上膜に対する硝子体手術前後の視力および中心窩網膜厚について検討した。中心窩厚は術後経過とともに減少し、それに伴って視力が改善する傾向にあった。

緑内障点眼薬併用療法の長期効果と安全性―チモロール・ウノプロストン併用とベタキソロール・ウノプロストン併用との比較―
大竹雄一郎、谷野 富彦、木村  至、真島 行彦、小口 芳久 …… 23

β遮断薬とウノプロストン併用点眼による長期治療効果と安全性について検討した。ベタキソロール・ウノプロストン併用は、視野維持効果に優れると考えられた。

症例報告

Senior-Loken症候群の2例
尾山 徳秀、臼井 知聡、長谷部 日、三木 淳司、松本 重明、須田生英子、斎藤 暢子、今井 和行、高木 峰夫、吉澤 豊久、阿部 春樹 …… 29

網膜色素変性症と若年性ネフロン癆を合併したSenior-Loken症候群と呼ばれる稀な疾患の典型例1例に加え、円錐角膜、白内障、Coats病様病変を合併した稀な1例を報告した。

水晶体原性緑内障発作寛解後のciliochoroidal effusionの2例
佐喜眞孝子、酒井  寛、仲村 佳巳、新城 百代、友寄絵厘子、早川 和久、沢口 昭一 …… 38

水晶体原性緑内障発作寛解後にUBMでciliochoroidal effusionを診断。その発生機序としてぶどう膜強膜流の増加によるものが考えられる。

短報

非常に良好な経過をとった超低出生体重児(398g)の未熟児網膜症の1例
渡邊 浩子、齋藤総一郎、立脇 祐子、梶浦須美子、李  容桂、池田 恒彦 …… 44

出生体重400g以下にもかかわらず全身合併症も少なく、経過も非常に良好な未熟児網膜症を経験した。生後1年現在軽度近視傾向がある。

JJO掲載論文の要約

…… 47

編集室

臨床医の基礎研究
東  範行 …… 53

専門医制度・生涯教育講座

総説17 ウイルス性眼疾患
下村 嘉一 …… 55

会報

…… 1

学会・研究会

…… 16

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.