日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.108 No.3 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.108 No.3 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.108 No.3

理事会から

大野 重昭 …… 135

巻頭言

黄斑浮腫に対する治療
山本 禎子 …… 137

臨床研究

新しい涙点プラグ(フレックスプラグ®)の脱落についての検討
西井 正和、横井 則彦、小室  青、木下  茂 …… 139

新しい涙点プラグ(フレックスプラグ®)はイーグルプラグ®に比べて脱落までの期間が長く、再挿入は全例で可能であり、涙小管内の肉芽形成は問題とならないと考えられた。

網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する動静脈交叉部鞘切開術の効果について
藤本竜太郎、荻野 誠周、熊谷 和之、出水 誠二、古川真理子 …… 144

動静脈交叉部鞘切開術は網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫の吸収と視力向上に本当に効果があるのだろうか?

特発性黄斑前膜における内境界膜剥離術後の長期成績
長谷川琢也、恵美 和幸、池田 俊英、渡邉 誠樹、高岡  源 …… 150

特発性黄斑前膜に対する内境界膜剥離術は、再発率も低く、長期にわたり有意な視力改善があり、最終的に良好な視力が得られ、有用な治療法と考えられた。

レースカット法とキャストモールディング法で製造されたアクリルソフト
眼内レンズの表面散乱光の長期経過と実験的検討

西原  仁、綾木 雅彦、渡辺登三子、大西 健夫、陰山 俊之、谷口 重雄 …… 157

レースカット法で製造されたアクリルソフト眼内レンズはキャストモールディング法よりも術後表面散乱光の増強が少なく、紫外線照射試験でも劣化が少なかった。

症例報告

眼窩蜂窩織炎症状で発症したSweet病の1例
忍足 和浩、樋田 哲夫、高橋めぐみ、岡田アナベルあやめ、塩原 哲夫 …… 162
17歳女性。眼窩蜂窩織炎症状で来院。四肢紅斑からSweet病と診断した。ステロイドが有効であった。皮膚生検では真皮から皮下組織に組織球、好中球浸潤があった。

JJO掲載論文の要約

…… 166

編集室

「学会抄録は自分をアピールする大切な道具です」
山下 英俊 …… 172

談話室

日米眼科の協調
清水 弘一 …… 173

AAOからの要望
樋田 哲夫 …… 174

American Academy of Ophthalmology(AAO)入会のお知らせ

…… 175

専門医制度・生涯教育講座

…… 181

会報

…… 51

学会・研究会

…… 56

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.