日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.108 No.5 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.108 No.5 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.108 No.5

弔辞

…… 269

理事会から

日本眼科学会における庶務理事の役割
木下  茂 …… 273

巻頭言

涙液動態とドライアイ
横井 則彦 …… 275

基礎研究

架橋ヒアルロン酸ゲルの線維柱帯切除術への応用
庄司 信行、清水 公也、高橋 勝哉、根本 理香、河合 裕美、冨岡 敏也 …… 277

白色家兎眼に架橋ヒアルロン酸ゲルを併用した線維柱帯切除術を施行したところ、対照群より長期かつ有意に眼圧下降効果が得られた。

臨床研究

トリパンブルー前嚢染色を用いた白色白内障の手術成績
中野 敦雄、永本 敏之、浜 由起子、藤原 隆明、宮田 和典、鮫島 智一 …… 283

白色白内障手術でトリパンブルー前嚢染色(TBCS)を用いた連続円形破嚢術の成功率は93.8% で、核硬度2度以下の角膜内皮減少率は2.9% と低く、TBCSは有用である。

角膜複屈折による影響の少ない網膜神経線維複屈折解析パラメータの検討
小暮  諭、地場 達也、飯島 裕幸、高和 宏行、塚原 重雄 …… 291

Scanning laser polarimeterで故意に検査光を角膜複屈折の異なる部位を通過させて網膜を測定し、角膜複屈折の影響の少ない網膜神経線維評価法を検討した。

シェーグレン症候群患者の涙液中tumor necrosis factor-α
忍田 太紀、岩田 光浩、崎元  卓、澤   充 …… 297

シェーグレン症候群患者の涙液中にTNF-αを検出し、角膜上皮障害の重症度と相関関係がみられた。TNF-αは本疾患の眼表面病態形成に関与していると考えられた。

両眼黄斑部に萎縮病変を有する患者の読書時に観察される固視点と網膜感度
松本 容子、小田 浩一、湯沢美都子 …… 302

SLOと読書評価を組み合わせて読書時の固視を評価する装置を試作した。黄斑萎縮のある眼の固視点は暗点の部位と網膜感度、文字サイズにより決まると考えた。

眼表面における眼軟膏の滞留性と薬剤の徐放についての検討
高岡 真帆、横井 則彦、石橋  健、木下  茂 …… 307

蛍光特性を有する薬剤を含む眼軟膏を用いて眼表面における眼軟膏の動態を検討した。眼軟膏の基剤・薬剤は点入後1時間まで眼表面に滞留し、薬剤を徐放することが示された。

JJO掲載論文の要約

…… 312

編集委員会への手紙

総説「加齢黄斑変性における脈絡膜新生血管の分子機構―特に色素上皮由来因子の役割について―」の引用論文について
緒方奈保子・大野 京子 …… 319

編集室

日本語学会誌の方向性
小椋祐一郎 …… 322

大学附属病院および国立病院眼科における完全(ペーパーレス) 電子カルテ化導入について

…… 323

専門医制度・生涯教育講座

…… 329

会報

…… 93

学会・研究会

…… 99

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.