日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.108 No.7 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.108 No.7 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.108 No.7

理事会から

日眼会誌に投稿しましょう
松村 美代 …… 393

巻頭言

正常眼圧緑内障の薬物治療に関する最新の報告
澤口 昭一 …… 395

臨床研究

アトピー性角結膜炎におけるブドウ球菌の関与に関する検討
田渕今日子、稲田 紀子、庄司  純、澤   充、加藤 博司 …… 397

ブドウ球菌が春季カタルおよびアトピー性角結膜炎の増悪因子となる可能性を、結膜嚢内細菌検査と血清および涙液中SEAおよびSEB特異的IgE抗体検査により検討した。

正常眼圧緑内障の眼圧日内変動におけるラタノプロストとゲル基剤チモロールの効果比較
中元 兼二、安田 典子、南野 麻美、福田  匠 …… 401

ラタノプロストは、正常眼圧緑内障の治療前後の眼圧日内変動測定の結果、ゲル基剤チモロールより眼圧下降効果が大きく、血圧脈拍にも影響がなかった。

正常眼圧緑内障の視野障害進行に対する薬物療法の効果
中神 尚子、山崎 芳夫、早水扶公子、田中 千鶴 …… 408

正常眼圧緑内障に対する眼圧下降薬点眼治療は視野障害進行阻止に有効である。

サイトメガロウイルス網膜炎の病理組織学的検討
柏瀬 光寿、山内 康行、佐多徹太郎、永田 洋一、薄井 紀夫、望月  學、藤野雄次郎、岩崎 琢也、佐藤 由子、倉田  毅、臼井 正彦 …… 415

AIDS患者のCMV網膜炎を病理組織学的に検討した。血行性に網膜内層へ感染したウイルスはcell to cellに伝播して網膜全層へと広がっていくと考えられた。

眼球摘出時に惹起された脈絡膜上腔・毛様体上腔出血の臨床病理学的検討
儘田 直樹、沖坂 重邦、村上  晶、百瀬  晧 …… 423

摘出眼球392眼を組織病理学的に検索し、眼球摘出時に脈絡膜上腔・毛様体上腔出血を惹起していた8眼は、重篤な急性眼内炎症7眼、血管新生緑内障1眼であった。

JJO掲載論文の要約

…… 432

編集委員会への手紙

「網膜静脈閉塞症の多局所網膜電図」についての疑問
清水 弘一・池田  純 …… 439

編集室

男女共同参画 その4
寺崎 浩子 …… 442

談話室

国際眼科学会連合、国際眼科理事会
中島  章 …… 443

専門医制度・生涯教育講座

総説19 遺伝性網膜変性疾患
中澤  満 …… 451

会報

…… 145

学会・研究会

…… 169

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.