日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.109 No.2 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.109 No.2 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.109 No.2

弔辞

…… 67

理事会から

日本眼科学会事務局のご紹介
木下  茂 …… 71

巻頭言

黄斑疾患のquality of life
湯沢美都子 …… 73

臨床研究

強膜トンネル併用円蓋部基底トラベクレクトミーの術後成績
狩野  廉、桑山 泰明、水谷 泰之 …… 75

強膜トンネル併用円蓋部基底トラベクレクトミーにより、眼圧は術2年後12.4±3.9mmHgに下降し、目標眼圧15mmHgでの2年生存率は69.1%であった。

加齢黄斑変性滲出型瘢痕期の読書成績
藤田 京子、成瀬 睦子、小田 浩一、湯沢美都子 …… 83

加齢黄斑変性の読書能力を測定した。50歳以上で視力1.0以上、検眼鏡的に異常所見のみられない正常眼の読書成績との比較では加齢黄斑変性は有意に低下していた。

Laser in situ keratomileusis術後2年の経過
相澤 大輔、清水 公也、中西  基、鈴木 雅信、大野 晃司、小松 真理 …… 88

LASIK術後2年間の臨床経過を報告する。良好な安全性、有効性、安定性が得られた。

症例報告

Transforming growth factor beta induced遺伝子変異による晩期発症の格子状角膜ジストロフィ6例
川島 素子、山田 昌和、船山 智代、真島 行彦 …… 93
晩期発症の格子状角膜ジストロフィでTGFBI遺伝子のLeu527Arg変異による5例とAsn544Ser変異の1例を経験したので、その多彩な臨床型を報告する。

編集室

「最盛期に改革をする困難」
山下 英俊 …… 101

談話室

網膜芽細胞腫全国登録のお願い
東  範行 …… 102

専門医制度・生涯教育講座

…… 105

会報

…… 17

学会・研究会

…… 35

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.