日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.109 No.4 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.109 No.4 目次会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.109 No.4

理事会から

理事会から
石橋 達朗 …… 169

巻頭言

レーザー光凝固の現状と未来
米谷  新 …… 171

総説

やさしい眼病理診断(1)
沖坂 重邦 …… 173

やさしい眼病理診断(2)
沖坂 重邦 …… 180

レーベル遺伝性視神経症の発症分子メカニズムの展望
中村  誠 …… 189

レーベル遺伝性視神経症においてミトコンドリア遺伝子変異が発症を惹き起こす分子メカニズムと関与する環境因子について概説する。

基礎研究

反復する鈍的機械刺激による実験的白内障モデルの確立と発症機序の解明
大下 雅世、後藤  浩、山川 直之、臼井 正彦、宇賀 茂三 …… 197

反復する機械的な刺激を実験動物の眼部および水晶体に加えた結果、高率に水晶体前嚢下または後嚢下混濁が観察された。

Primary position upbeat nystagmusの検討
古賀 紀子、石川  弘 …… 205

Primary position upbeat nystagmusを示した11例の病巣局在と病因について検討を行った。

臨床研究

糖尿病びまん性黄斑浮腫に対する光凝固療法の視力予後と予後関連因子に関する臨床研究
大越貴志子 …… 210

糖尿病びまん性黄斑浮腫に対する光凝固の視力改善率は1年で41%、視力0.5以下の症例では60%であった。0.5以上の症例の84%が0.5以上の視力を獲得した。

中心窩下脈絡膜新生血管に対する低出力経瞳孔温熱療
辻本 淳子、瓶井 資弘、安原  徹、鄭   守、大内 雅之、小森 秀樹、山田 知之、米田 一仁、木下  茂 …… 218

55眼の中心窩下脈絡膜新生血管に低出力経瞳孔温熱療法を行い、6か月の段階で64%の症例に視力改善または不変を得た。

編集室

文献
田原 昭彦 …… 225

専門医制度・生涯教育講座

総説22 網膜剥離
河野眞一郎 …… 227

会報

…… 69

学会・研究会

…… 75

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.