日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.111 No.5 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.111 No.5 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.111 No.5

理事会から

World Ophthalmology Congress(国際眼科学会)の東京開催が決定
石橋 達朗 …… 373

巻頭言

糖尿病網膜症:最近の知見
池田 恒彦 …… 375

臨床研究

黄斑円孔網膜剥離に対する術式の検討
平野  彩、石田 政弘、千原 秀美、鈴木 岳彦、西山 功一、竹内  忍 …… 377

黄斑円孔網膜剥離に対する初回手術では内境界膜剥離術を併用した硝子体切除術が有効で、非復位例に対しては硝子体切除術を併用した黄斑プロンベ縫着術が安全である。

Real-time PCR法を用いたアデノウイルスに対する消毒薬の評価
赤沼 正堂 …… 384

アデノウイルスに対する各種消毒薬の効果をreal-time PCR法を用いて検討した結果、消毒時間や消毒薬の性質が異なり、使用目的を考慮する必要がある。

重症眼表面疾患に対する深層層状角膜移植
榛村 重人、比嘉 明子、大本 雅弘、島崎  潤、坪田 一男 …… 391

実質混濁を認める重症眼表面疾患に対して、内皮型拒絶反応を起こさない深層層状角膜移植の有用性を検討した。

小児2型糖尿病の全身因子と網膜症発症
李  才源、佐藤 幸裕、浦上 達彦 …… 397

小児2型糖尿病の全身因子と網膜症発症について検討した。HbA1C8.0%以上で女性の症例では高率に網膜症を発症する可能性があり、より厳重な管理が必要と考えた。

びまん性糖尿病黄斑浮腫に対する格子状光凝固の長期成績
日谷光一郎、山本 禎子、佐藤 幸裕 …… 401

びまん性糖尿病黄斑浮腫に対して格子状光凝固を行い、中心窩網膜厚および視力の経過を観察した。12か月以上の長期でも、網膜厚の減少と視力の改善が確認できた。

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術後の視力経過
澤田 英子、安藤 伸朗 …… 407

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体術後の視力経過を観察した。視力改善には少なくとも18か月以上みる必要があり、確実な後部硝子体剥離作製は改善を早める効果がある。

JJO掲載論文の要約

…… 411

編集室

論文投稿に関連する著者の責任について
日本眼科学会雑誌編集委員会 …… 417

医者の幸福あるいは煩悩
富田 剛司 …… 418

談話室

眼科学用語ノート 14.論文引用
2) 高安病の文献書誌学と原典の被引用度数

大庭 紀雄、中尾久美子 …… 419

専門医制度・生涯教育講座

…… 427

会報

…… 117

学会・研究会

…… 122

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.