日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.111 No.7 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.111 No.7 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.111 No.7

理事会から

理事会から
新家  眞 …… 489

巻頭言

光干渉断層計による網膜画像診断
岸  章治 …… 491

総説

日本における角膜再生医療の現状
小泉 範子、西田 幸二、天野 史郎、木下  茂 …… 493

幹細胞疲弊症に対する培養粘膜上皮移植や、水疱性角膜症に対する培養角膜内皮移植など角膜再生医療は大きく進歩している。日本の角膜再生医療の現状と将来の展望を述べる。

基礎研究

前眼部におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の検出と鼻前庭保菌との関連
木村 直子、外園 千恵、東原 尚代、稲富  勉、横井 則彦、木下  茂 …… 504

前眼部メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌ハイリスク患者と前眼部MRSA感染症発症患者の鼻前庭の細菌調査を行い、両者の関連を検討した。

フーリエドメイン光干渉断層計による中心窩病変描出力の検討
板谷 正紀、尾島優美子、吉田 章子、安野 嘉晃、巻田 修一、谷田貝豊彦、吉村 長久 …… 509

フーリエドメイン光干渉断層計により、黄斑疾患の中心窩病変部における外境界膜が可視化され視細胞層の病的変化の明瞭な観察が可能となり、中心窩病変の描出力が向上した。

臨床研究

走査型周辺前房深度計(SPAC)による周辺前房深度の男女別加齢変化
加茂 純子、佐宗真由美、鶴田  真、角野加世子、柏木 賢治 …… 518

一般健康検診を受診した成人514眼の前房深度を走査型周辺前房深度計で検討した。加齢に伴う浅前房化は、周辺部で著明、危険域に入る率は女性に多いことが分かった。

陳旧性の網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体手術
荻野 哲男、竹田 宗泰、今泉 寛子、奥芝 詩子 …… 526

発症後1年未満のみならず1年以上経過した網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体手術は有効であった。

症例報告

Multiple evanescent white dot syndrome 5例の静的自動視野検査所見と経過
石原 怜美、花田 道枝、深澤 史子、津村 豊明、飯島 裕幸 …… 533

多発消失性白点症候群の視野異常としては、Mariotte盲点拡大、中心視野沈下、傍中心暗点などが静的自動視野計にて検出されるが、経過とともにこれらの異常は改善する。

JJO掲載論文の要約

…… 539

学会トピックス

第111回 日本眼科学会総会 …… 544

編集室

三葉虫の眼
飯田 知弘 …… 549

談話室

論文著者の責任
Japanese Journal of Ophthalmology編集委員会 …… 550

専門医制度・生涯教育講座

総説31 眼窩吹き抜け骨折(眼窩底骨折)
稲富  誠 …… 553

会報

…… 183

学会・研究会

…… 209

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.