日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.111 No.8 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.111 No.8 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.111 No.8

理事会から

理事会から
松村 美代 …… 571

巻頭言

片頭痛と眼科臨床
片頭痛と眼科臨床治 …… 573

総説

網膜の細胞増殖制御におけるp27(KIP1)の役割
加瀬  諭、吉田 和彦、大野 重昭 …… 577

p27は細胞周期の進行を制御する蛋白質である。網膜の発生過程においてはp27が発現し、種々の眼底疾患ではp27の発現変化が起こる。p27は新しい分子治療標的となり得る。

基礎研究

Müller細胞に対するインドシアニングリーンの毒性
松井 広文、唐沢 容子、佐藤 智人、菅野早恵子、西川 真平、沖坂 重邦 …… 587

培養したウズラ網膜Müller細胞にインドシアニングリーン溶液を接触させ毒性を調べたところ、接触時間や濃度の影響に加え、接触時の温度が高いとき毒性が強く認められた。

経瞳孔温熱療法のレーザー光学系の改良と光量の測定
本田 美樹、溝田  淳、田中  稔 …… 594

経瞳孔温熱療法のレーザー光学系の改良を行い、光量の比較測定を行った結果、光量は約1.9倍に増加し、照射中の視認性も格段に向上した。

マウス毛様体色素上皮細胞による活性化T細胞抑制
杉田  直、二神 百合、堀江真太郎、油谷 浩幸、望月  學 …… 598

培養毛様体色素上皮細胞はin vitro において活性化T細胞を強く抑制した。遺伝子検索では多くの免疫抑制分子を発現し、他の眼色素上皮と遺伝子発現が類似していた。

症例報告

脈絡膜新生血管を合併した網膜色素変性の2例
岩切  亮、沖波  聡、平田  憲 …… 606

網膜色素変性に脈絡膜新生血管を合併した症例を報告した。50歳男性と60歳男性で、いずれも1眼に脈絡膜新生血管を発症した。

偽Graefe徴候を示した眼筋麻痺性片頭痛の成人例
赤座英里子、石川  弘 …… 612

眼筋麻痺性片頭痛の成人例でみられた偽Graefe徴候は、過去の度重なる動眼神経麻痺を推測させ、眼筋麻痺性片頭痛を示唆する重要な所見と考えた。

編集室

論文査読制度の重要性
坂本 泰二 …… 617

談話室

第19回日本眼科学会専門医認定試験を終えて
望月  學 …… 618

眼科学用語ノート 16.論文の引用 3) 論文の被引用状況とcitation classics
大庭 紀雄、加藤  聡、中尾久美子 …… 621

第19回日本眼科学会専門医認定試験問題(2007)

…… 633

日本眼科社会保険会議シンポジウム報告

第111回日本眼科学会総会シンポジウム 診療報酬改定のしくみと眼科医療
…… 685

専門医制度・生涯教育講座

…… 691

会報

…… 239

学会・研究会

…… 244

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.