日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.112 No.1 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.112 No.1 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.112 No.1

理事会から

新家  眞 …… 1

巻頭言

網膜硝子体疾患治療における長期滞留ガス
平形 明人 …… 3

総説

網膜色素変性に対するあたらしい薬物治療の可能性
大黒  浩 …… 7

網膜変性モデル動物を用いて、視細胞の機能異常が網膜変性の原因であることを突き止め、この機能異常がカルシウムチャンネルブロッカーなどで改善できる可能性を示した。

酸化ストレスと眼
大平 明弘、植田 俊彦、大石健太郎、平光 忠久、明尾  潔、小原 喜隆 …… 22

酸化ストレスは細胞機能の低下を来し、老化や種々の疾患の成因にかかわる。生体防御因子を調節することで、酸化ストレスとの均衡を保ち、細胞機能の低下を予防している。

基礎研究

急性網膜壊死患者眼内液の多項目迅速ウイルスpolymerase chain reaction(PCR)およびreal-timePCR法によるヘルペスウイルス遺伝子同定
杉田  直、岩永 洋一、川口 龍史、二神 百合、堀江真太郎、臼井 友香、山本紗也香、菅本 良治、望月  學、清水 則夫、渡邊  健、水上 美樹、森尾 友宏 …… 30

急性網膜壊死症例の眼内液から帯状疱疹ウイルスまたは単純ヘルペスウイルスの高コピー数のウイルスDNAが同定された。眼内液ウイルス量と視力予後は相関していた。

涙嚢鼻腔吻合術鼻外法における適切な初期骨窓作製のための解剖学的根拠
柿崎 裕彦、岩城 正佳、浅本  憲、中野  隆 …… 39

上顎骨前頭突起血管溝部の骨面に垂直な骨厚は平均3mm前後と薄いため、涙嚢鼻腔吻合術鼻外法において、血管溝は初期骨窓作製のためのメルクマールとなる。

臨床研究

眼科領域における長期滞留ガス使用状況全国調査結果
坂本 泰二、樋田 哲夫、田野 保雄、根木  昭、竹内  忍、石橋 達朗、井上 幸次、大黒 伸行、岡田アナベルあやめ …… 45

全国調査の結果、眼内長期滞留ガスは我が国では適切に使用され重篤な合併症はほとんどなかった。眼科医は長期滞留ガスが不可欠と考え、安全かつ安定的な供給を強く望んでいた。

症例報告

関節リウマチを伴う汎ぶどう膜炎による嚢胞様黄斑浮腫に対しエタネルセプトが奏効した1例
福田  憲、熊谷 直樹、中村 浩士、久保  誠、松崎 益徳、西田 輝夫 …… 51

腫瘍壊死因子-α阻害薬であるエタネルセプトが、ぶどう膜炎の嚢胞様黄斑浮腫に奏効した。

JJO掲載論文の要約

…… 59

学会トピックス

第8回 日本ロービジョン学会学術総会 …… 65

第61回 日本臨床眼科学会 …… 67

外国誌要覧

…… 72

編集室

予防医学のための検診の重要性―緑内障の場合―
杉山 和久 …… 77

談話室

平成19年眼科医数動向調査報告
松村 美代 …… 78

専門医制度・生涯教育講座

総説33 角膜ヘルペスの診断と治療
井上 幸次 …… 83

会報

…… 1

学会・研究会

…… 19

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.