日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.112 No.2 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.112 No.2 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.112 No.2

弔辞

…… 99

理事会から

根木  昭 …… 103

巻頭言

急性網膜壊死の現在・過去・未来
後藤  浩 …… 105

総説

視覚の臨床神経眼科学
柏井  聡 …… 107

病的状態における視覚に関するこれまでの最新の知見について、RMB神経眼科勉強会に報告された代表例を含めてまとめ、視覚異常の臨床診断学について概説した。

DNAチップの眼科への応用
―基礎と臨床―

高橋 義徳、山下 英俊、木下  茂 …… 121

遺伝子情報の網羅的解析法としてDNAチップによる解析が発展し、我々眼科医にも新たな生物学的知見がもたらされている。DNAチップによる解析の可能性につき紹介する。

強度近視眼底研究における現時点での理解と問題点
日本強度近視眼底研究会 …… 127

強度近視の後眼部合併症として特に問題となる黄斑円孔網膜剥離、中心窩分離症そして近視性新生血管黄斑症について今までの理解とこれからの課題について検討した。

基礎研究

北海道大学における急性網膜壊死の臨床像
水内 一臣、南場 研一、小竹  聡、大野 重昭 …… 136

北海道における急性網膜壊死を調査した。病因は帯状疱疹ウイルスが多く、単純ヘルペスウイルス2型はなかった。他地域と比べ網膜剥離発症例は少ないが、視力予後は不良であった。

臨床研究

糖尿病網膜症の硝子体手術前後におけるquality of lifeの変化
恵美 和幸、大八木智仁、池田 俊英、坂東  肇、大喜多隆秀、樫本 大作、森田 真一、松村 永和、澤田 浩作、澤田 憲治、豊田恵理子、上野千佳子 …… 141

糖尿病網膜症患者の硝子体手術前後における健康関連quality of life(QOL)の変化をVFQ-25を用いて検討した。硝子体出血例においては、白内障手術と同等の改善が得られた。

グルコン酸クロールヘキシジンとポビドンヨードの消毒効果の比較
横山 由晶、牧野 伸二、茨木 信博 …… 148

グルコン酸クロールヘキシジンとポビドンヨードの2つの消毒薬を用い、手術直後の眼瞼皮膚からの細菌検出率を比較検討し、後者が消毒効果に優れていることが分かった

外国誌要覧

…… 152

編集室

好奇心を持てば文献検索も楽しい
三村  治 …… 157

談話室

網膜色素変性症、その告知に対する現状の課題
―プライマリー・ロービジョンケアや行政、医療機関の果たす役割―

安達惠美子 …… 158

Journal impact factorに関する補足的説明(増補1)
柏木 賢治、谷原 秀信 …… 160

日本眼科社会保険会議シンポジウム報告

第61回日本臨床眼科学会シンポジウム これからの保険医療と眼科
―平成20年度診療報酬改定に向けて―

…… 164

専門医制度・生涯教育講座

…… 171

会報

…… 41

学会・研究会

…… 46

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.