日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.112 No.6 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.112 No.6 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.112 No.6

理事会から

西田 輝夫 …… 505

巻頭言

屈折矯正手術の現状
西田 幸二 …… 507

臨床研究

経毛様体扁平部挿入型インプラントで治療した難治緑内障
足立 初冬、高橋 宏和、庄司 拓平、岡崎 一白、林   妍、千原 悦夫 …… 511

経毛様体扁平部挿入型インプラント手術により眼圧コントロールが得られた難治緑内障の5例を経験し、その治療経過につき報告した。

眼鏡、laser in situ keratomileusis、有水晶体眼内レンズが空間周波数特性および網膜像倍率に及ぼす影響
神谷 和孝、清水 公也、川守田拓志、魚里  博 …… 519

眼鏡矯正では近視が強いほど空間周波数特性は低下するが、有水晶体眼内レンズ、laser in situ keratomileusis(LASIK)では軽度であり、網膜像倍率変化は有水晶体眼内レンズ、LASIK、眼鏡の順で少ない。

白内障術後眼内炎における背景因子からみた臨床像の検討
二宮 夕子、平形 明人、平岡 智之、國田 大輔、井上  真、忍足 和浩、杉谷 篤彦、二神  創、三木大二郎、樋田 哲夫 …… 525

悪性腫瘍、糖尿病などの背景因子を有する白内障術後眼内炎の硝子体手術後の予後は不良で、背景因子を有する症例には白内障手術時の確実な切開創の作製が重要と考えられた。

眼内レンズによるモノビジョン法の視機能と満足度評価
伊藤美沙絵、清水 公也、天野 理恵、新井田孝裕、戸塚  悟、飯田 嘉彦、庄司 信行 …… 531

眼内レンズによるモノビジョン法は、白内障術後の調節力消失への対策として60歳以上でより有用な方法であると考えられる。

涙液層安定性解析装置によるマレイン酸チモロールゲル化剤 点眼後の涙液層への影響の検討
川崎 史朗、溝上 志朗、山口 昌彦、大橋 裕一 …… 539

涙液層安定性解析装置(TSAS)により、熱応答ゲル化剤では角膜下方部、イオン応答ゲル化剤では角膜中央部に不安定領域の出現を認めた。TSASは薬物動態や霧視の考察に有用である。

JJO掲載論文の要約

…… 545

学会トピックス

第14回 日本糖尿病眼学会総会 …… 552

外国誌要覧

…… 555

編集室

臨床研究(試験)の登録、結果公開に関する共同指針
水木 信久 …… 563

日本眼科社会保険会議シンポジウム報告

第31回日本眼科手術学会総会シンポジウム 日本眼科社会保険会議ミーティング
―眼科手術の適切な評価を目指して―

…… 565

専門医制度・生涯教育講座

…… 571

会報

…… 171

学会・研究会

…… 177

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.