日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.112 No.8 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.112 No.8 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.112 No.8

理事会から

下村 嘉一 …… 665

巻頭言

Last frontierに向かって
山本 修一 …… 667

基礎研究

テアニン投与による高酸素負荷ラット網膜血管新生への影響
平松  類、中西 孝子、竹中 康子、植田 俊彦、友安 幸子、池谷 幸信、嶋田  努、油田 正樹、安原  一、小出 良平 …… 669

テアニン投与による網膜血管新生への効果を、高酸素負荷ラット網膜血管新生モデルを用いて検討した。テアニンは網膜血管新生を抑制した。

臨床研究

眼内悪性リンパ腫28例の臨床像と生命予後の検討
木村 圭介、後藤  浩 …… 674

同一施設で経過観察可能であった眼内悪性リンパ腫28例について検討した。5年生存率は63.1%であった。予後を正確に把握するには多施設での前向き調査が必要である。

症例報告

下斜筋から発生したと考えられる眼窩顆粒細胞腫の1例
笠井健一郎、後藤  浩、小山内卓哉 …… 679

下斜筋から発生した眼窩顆粒細胞腫の治療経験と術後経過について報告した。摘出時には疼痛、迷走神経反射、筋の切断の可能性も念頭に置いて治療計画を立てる必要がある。

免疫能正常者に発症したサイトメガロウイルス網膜炎
吉永和歌子、水島 由佳、あべ松 徳子、中尾久美子、坂本 泰二 …… 684

免疫能が正常な状態でサイトメガロウイルス網膜炎を発症し、抗ウイルス薬の投与なしに寛解した2例を報告した。

中心性輪紋状脈絡膜ジストロフィの親子例
奥野 高司、奥  英弘、菅澤  淳、渡邊 浩子、濱村美恵子、中村 桂子、池田 恒彦 …… 688

黄斑部に光干渉断層計で網膜の菲薄化を伴う境界明瞭な網脈絡膜萎縮巣を認め、網膜電図、眼球電図ともに障害されていた中心性輪紋状脈絡膜ジストロフィの父子例を報告する。

外国誌要覧

…… 695

編集室

桜と紅葉
飯田 知弘 …… 700

談話室

Journal impact factorに関する補足的説明(増補2)
柏木 賢治、谷原 秀信 …… 702

第20回日本眼科学会専門医認定試験を終えて
松橋 正和 …… 705

第20回日本眼科学会専門医認定試験問題(2008)
…… 709

日本眼科社会保険会議シンポジウム報告

第112回日本眼科学会総会シンポジウム
どう考える?手術診療報酬―平成20年度診療報酬改定をふまえて―

…… 763

専門医制度・生涯教育講座

…… 769

会報

…… 271

学会・研究会

…… 275

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.