日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.112 No.12 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.112 No.12 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.112 No.12

理事会から

新たな公益法人に向けて―日眼会計の現状―
松村 美代 …… 1033

巻頭言

緑内障疫学調査の意義―正常眼圧緑内障の重要性が認識された―
杉山 和久 …… 1035

総説

日本緑内障学会多治見疫学調査(多治見スタディ)総括報告
鈴木 康之、山本 哲也、新家  眞、岩瀬 愛子、富所 敦男、阿部 春樹、白土 城照、桑山 泰明、三嶋  弘、清水 弘之、富田 剛司、井上 洋一、北澤 克明 …… 1039

日本緑内障学会多治見疫学調査(多治見スタディ)について報告された論文7件を総括した。緑内障有病率、発症危険因子、失明原因、屈折などについての検討がされている。

基礎研究

瞬目高速解析装置を用いた自発性瞬目の測定
中村 芳子、松田 淳平、鈴木 一隆、豊田 晴義、袴田 直俊、嶋元 孝純、木下  茂 …… 1059

瞬目高速解析装置を試作し自発性瞬目の測定を行った。画像再生に加え瞬目波形、上眼瞼速度波形を作成することができ、瞬目の定量解析に有用であった。

臨床研究

滲出型加齢黄斑変性に対する光線力学的療法の2年経過
柳平 朋子、新井  純、吉田 紀子、新井 郷子、福井 えみ、今井 弘毅、杉本 知子、中村さち子、村田 敏規 …… 1068

広義加齢黄斑変性(AMD)に対する光線力学的療法の2年経過を検討した。狭義AMD群、ポリープ状脈絡膜血管症(PCV)群ともに半数以上の症例で視力維持が得られたが、PCV群では2年後の視力維持率が低下した。

加齢黄斑変性の分類と診断基準
高橋 寛二、石橋 達朗、小椋祐一郎、湯澤美都子
;厚生労働省網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班加齢黄斑変性診断基準作成ワーキンググループ …… 1076

一般眼科診療にも有用で普遍的な加齢黄斑変性の分類と診断基準を作成した。今後、本分類と診断基準が我が国で広く使用されることが期待される。

症例報告

下鼻側球結膜下に発生した眼窩脂肪ヘルニアの1例
根本 裕次、金子 博行 …… 1085

非常にまれな、非肥満女性に自然発生した下鼻側部球結膜下脂肪ヘルニアは、筋漏斗内脂肪が内直筋―下直筋筋間膜と下鼻側部強膜との間隙を通って脱出したものであった。

学会トピックス

第56回 日本臨床視覚電気生理学会 …… 1090

第19回 日本緑内障学会 …… 1093

第9回 日本ロービジョン学会学術総会 …… 1096

外国誌要覧

…… 1098

戦略企画会議から

日本眼科学会会員満足度アンケート調査報告
第六委員会「日眼会員支援と組織発展」 …… 1104

編集室

日眼会誌と高安病―たった1例の日本語の症例報告から世界の高安病へ―
杉山 和久 …… 1115

談話室

新しい血清型のアデノウイルスによる流行性角結膜炎と院内感染
青木 功喜、田川 義継、大野 重昭 …… 1116

専門医制度・生涯教育講座

…… 1119

総目次

…… 2

索引

…… 23

会報

…… 409

学会・研究会

…… 414

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.