日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.113 No.3 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.113 No.3 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.113 No.3

理事会から

眼科社会保険―最近の動向
大橋 裕一 …… 309

巻頭言

宿題報告「生活習慣病と眼」の司会を担当して
石橋 達朗 …… 311

特別講演I

人工視覚システムの臨床応用を目指して
田野 保雄 …… 315

網膜色素変性など現在治療法がない網膜変性疾患で失明した患者の視機能を改善するために、本法独自の脈絡膜上経網膜電気刺激方式による人工視覚システムの開発を行った。

特別講演II

眼内炎症と恒常性維持
望月  學 …… 344

眼内炎症の動物モデルとヒトのぶどう膜炎の発症機構におけるTリンパ球の役割と、眼色素上皮による眼内炎症制御の分子機構ならびに眼内恒常性維持について述べた。

宿題報告:生活習慣病と眼

糖尿病硝子体網膜症の予防的治療戦略
畑  快右 …… 379

久山町研究、網膜症と遺伝子多型、早期の網膜血管内皮傷害、進行期における増殖膜瘢痕収縮のメカニズム解明などにより、予防的治療の重要性と可能性を述べた。

生活習慣病と抗加齢眼科学
―レニン-アンジオテンシン系と炎症制御による網脈絡膜病態の是正―

石田  晋 …… 403

加齢黄斑変性と糖尿病網膜症に対する予防医学的アプローチとして、レニン-アンジオテンシン系抑制薬や機能性食品因子の妥当性について生物学的根拠を示した。

蛋白質の翻訳後修飾がもたらす眼疾患
加治 優一 …… 424

蛋白質は翻訳後に蛋白糖化最終産物やラセミ化を経て生体内には存在しないはずのD型アミノ酸を含むようになった結果、糖尿病眼合併症や加齢に伴う眼疾患の引き金となる。

学会トピックス

第46回 日本神経眼科学会総会 …… 444
第50回 日本産業・労働・交通眼科学会 …… 446
第47回 日本網膜硝子体学会総会・第52回 日本眼循環学会 …… 448

外国誌要覧

…… 451

戦略企画会議から

若い医師に眼科の魅力を紹介するための各大学の取り組みに関する調査報告
第一委員会「眼科医トレーニング」 …… 456

編集室

日眼会誌読者アンケート集計結果
寺崎 浩子 …… 458

談話室

日本眼科学会総集会プログラム委員会評価委員会から
吉冨 健志、黒坂大次郎、清水 公也、白神 史雄、白木 邦彦、高野  繁、初川 嘉一、不二門 尚、山本 哲也、渡辺  仁 …… 459

会報

…… 71

学会・研究会

…… 74

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.