日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.113 No.5 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.113 No.5 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.113 No.5

弔辞

…… 559

理事会から

WOC 2014・戦略企画会議・生涯教育・その他
大鹿 哲郎 …… 563

巻頭言

眼圧―その未知なる生理機構
相原  一 …… 565

総説

日本緑内障学会多治見市民眼科検診:一般検診対象研究の総括
山本 哲也、新家  眞、岩瀬 愛子、北澤 克明;日本緑内障学会多治見スタディグループ …… 569

日本緑内障学会多治見市民眼科検診の一般検診データを用いた6件の研究成果を総括した。van Herick法、視神経所見、角膜厚、眼圧に関する研究、などが公表されている。

基礎研究

緑内障点眼薬の培養ヒト角膜内皮細胞に対する毒性試験
綾木 雅彦、野田 好子、谷口 重雄、小出 良平、岩沢 篤郎、井上 吐州、井上  洋一 …… 576

緑内障点眼薬の培養ヒト角膜内皮細胞に対する毒性を検討した。添加物の影響が大きく、1,000倍以上の希釈により各点眼薬の毒性はほとんど消失した。

臨床研究

外眼部感染症における検出菌とその薬剤感受性に関する検討(1998〜2006年)
堀 由起子、望月 清文、村瀬 寛紀、末松 寛之、山岸 由佳、三鴨 廣繁 …… 583

外眼部感染症における検出菌、薬剤感受性および耐性菌の変遷を把握した。年齢、季節ごとに特徴を有し、アンチバイオグラムに応じた薬物の使用を考慮すべきと思われた。

ドライアイ症状患者におけるlid-wiper epitheliopathyの発現頻度
白石  敦、山西 茂喜、山本 康明、山口 昌彦、大橋 裕一 …… 596

ドライアイ症状患者におけるlid-wiper epitheliopathyの発現頻度、涙液機能との関連について検討し、LWE類似病変が下眼瞼結膜縁にも高頻度で認められることを指摘した。

症例報告

副腎皮質刺激ホルモン療法中における眼圧の経時変化を観察し得たWest症候群の2例
鎌尾 知行、溝上 志朗、川崎 史朗、大橋 裕一 …… 601

West症候群に対し副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)療法を施行した2例の眼圧経過を観察した。ACTH療法中の眼圧モニターの必要性が示唆された。

JJO掲載論文の要約

…… 607

学会トピックス

第32回 日本眼科手術学会総会 …… 614

外国誌要覧

…… 619

戦略企画会議から

WOC 2014の成功に向けて
新家  眞 …… 624

編集室

最後の編集室執筆にあたって〜知っておきたいインパクトファクターの基礎知識〜
水木 信久 …… 625

談話室

眼科学用語ノート 22.Krimsky test
大庭 紀雄、宮本安住己、松浦  恵 …… 628

出版倫理について
柏井  聡 …… 635

専門医制度・生涯教育講座

…… 639

会報

…… 125

学会・研究会

…… 130

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.