日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.113 No.10 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.113 No.10 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.113 No.10

弔辞

…… 943

理事会から

下村 嘉一 …… 947

巻頭言

緑内障患者の望ましい管理法
山本 哲也 …… 949

臨床研究

線維柱帯切除術後の濾過胞感染症の危険因子と治療予後
堀  暢英、望月 清文、石田 恭子、山本 哲也、三鴨 廣繁 …… 951

線維柱帯切除術後の濾過胞感染症において、その臨床的特徴を所見、危険因子、治療および予後に関して線維芽細胞増殖阻害薬の使用の有無および病期別に検討した。

日本語版VFQ-25による高齢者正常眼圧緑内障患者のquality of life評価
山岸 和矢、吉川 啓司、木村 泰朗、山林 茂樹、勝島 晴美 …… 964

高齢者正常眼圧緑内障患者のVFQ-25のアンケート調査では、スコアの信頼性は高く、患者背景と眼科検査値の相関から、緑内障患者のquality of life評価に適していた。

症例報告

抗カルジオリピンIgG抗体陽性の網膜静脈閉塞症に虚血性視神経症を続発した1例
山本 恭三、三村  治、川崎  勉、出田 隆一、出田 秀尚 …… 972

抗カルジオリピンIgG抗体陽性の網膜静脈閉塞症に対し、トリアムシノロンアセトニド後部テノン嚢下注入が奏効したが、虚血性視神経症を続発した症例を報告する。

Enhanced S-cone syndromeの長期経過
佐藤  崇、國吉 一樹、中尾  彰、下村 嘉一、留守 良太 …… 980

Enhanced S-cone syndrome(ESCS)の2例を報告する。1例は31歳から20年間経過をみたもので、もう1例はESCSとしては最高齢で、白内障手術を行い術後経過をみたものである。

学会トピックス

第34回 日本小児眼科学会総会 …… 991

第48回 日本白内障学会総会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会・第45回日本眼光学学会総会 …… 994

第46回 日本眼感染症学会 …… 996

第43回 日本眼炎症学会 …… 998

第52回 日本コンタクトレンズ学会総会 …… 1001

外国誌要覧

…… 1004

戦略企画会議から

戦略企画会議第二期の活動開始
新家  眞 …… 1009

会員の声

国際眼科学会(2014)
清水 弘一 …… 1011

回答
大鹿 哲朗 …… 1013

編集室

平成21〜23年日本眼科学会雑誌編集委員長に就任して
寺崎 浩子 …… 1014

専門医制度・生涯教育講座

総説40 甲状腺眼症
三村  治 …… 1015

会報

…… 317

学会・研究会

…… 321

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.