日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.113 No.12 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.113 No.12 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.113 No.12

理事会から

小椋祐一郎…… 1119

巻頭言

眼瞼の構造と眼瞼手術
高比良雅之 …… 1121

基礎研究

日本人の解剖研究用献体を用いた眼瞼のmagnetic resonance imagingとその組織像の対比所見
井出  醇、脇舛 耕一、柴  智子、児玉 潤一、白澤 信行 …… 1125

日本人上眼瞼では線維脂肪組織が瞼板上縁付近またはそれ以下まで下降している。そのため眼輪筋と眼窩隔膜は途中で接触することがない。

臨床研究

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術前後の視神経乳頭血流の検討
前田貴美人、石川  太、小林 和夫、大黒  浩 …… 1132

硝子体手術の網膜疾患改善の機序として眼血流改善が考えられているが手術前後の血流検討の報告がほとんどなく、我々はレーザースペックル法にて手術前後の眼血流を検討した。

抗緑内障薬点眼後のコントラスト感度の経時的変化
平岡 孝浩、大東 正和、木内 貴博、岡本 史樹、大鹿 哲郎 …… 1139

抗緑内障薬がコントラスト感度(CS)に及ぼす影響を調べた。いずれも一過性にCSを低下させ、その持続はチモプトール®XEとエイゾプト®で5分、リズモン®TGで10分程度であった。

早発型発達緑内障の弱視化要因
中村  誠、調  廣子、溝上 國義、根木  昭 …… 1145

線維柱帯切開術後、眼圧コントロール良好な早発型発達緑内障14例24眼を対象に因子分析を行った結果、偏心固視、近視、Haab線条の存在が弱視化因子と判明した。

JJO掲載論文の要約

…… 1153

学会トピックス

第29回 日本眼薬理学会 …… 1161

外国誌要覧

…… 1162

戦略企画会議から

日本眼科啓発会議の活動報告
大橋 裕一、山下 英俊 …… 1167

編集室

コッホとペッテンコーフェル
井上 幸次 …… 1170

談話室

眼科学用語ノート 24.RNA world/pseudogene/non-coding RNA
伊佐敷 靖、大庭 紀雄 …… 1172

専門医制度・生涯教育講座

…… 1177

総目次

…… 2

索引

…… 21

会報

…… 381

学会・研究会

…… 384

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.