日本眼科学会:日本眼科学会雑誌 Vol.115 No.6 目次
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home会員のみなさまへ学会誌:日本眼科学会雑誌 > Vol.115 No.6 目次 会員のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
学術集会
専門医制度
生涯教育
ガイドライン・答申
各種手続
学会誌
日本眼科学会雑誌
Japanese Journal of Ophthalmology
理事会から
日本眼科社会保険会議
学術賞・助成金一覧
眼科関連学会

学会誌

日本眼科学会雑誌

Vol.115 No.6

理事会から

日本眼科学会会計を2年間担当して
新家  眞 …… 491

巻頭言

重症アレルギー性結膜疾患の治療―免疫抑制点眼薬の登場―
福島 敦樹 …… 493

臨床研究

緑内障および高眼圧症患者を対象とした1%ドルゾラミド塩酸塩/0.5%チモロールマレイン酸塩の配合点眼液(MK-0507A)の第III相二重盲検比較試験
北澤 克明、新家  眞、MK-0507A研究会 …… 495

緑内障および高眼圧症患者を対象に、チモロール単剤、ドルゾラミドおよびチモロールの併用療法を対照として、MK-0507Aの有効性、安全性および忍容性を比較検討した。

春季カタルに対するシクロスポリン点眼液0.1%の全例調査
高村 悦子、内尾 英一、海老原伸行、岡本 茂樹、熊谷 直樹、庄司  純、中川やよい、南場 研一、福島 敦樹、藤島  浩、宮崎  大、大橋 裕一 …… 508

全例調査の結果、シクロスポリン点眼液0.1%は春季カタル治療に有効であり、6か月を超える長期使用においても安全性に特に問題なかった。

若年者の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術治療と術後合併症
臼井亜由美、清川 正敏、木村  至、佐久間俊郎、伊藤  玲、葉田野宣子、溝田  淳、田中  稔 …… 516

40歳未満の若年者の増殖糖尿病網膜症に対する硝子体手術の治療成績と術後合併症、特に術後の血管新生緑内障発症について検討した。

トリアムシノロンによる無菌性眼内炎調査
坂本 泰二、石橋 達朗、小椋祐一郎、白神 史雄、竹内  忍、山下 英俊;日本網膜硝子体学会トリアムシノロン調査グループ …… 523

全国調査の結果、トリアムシノロン治療に関連した無菌性眼内炎は欧米と同じ程度の頻度で発生していた。予後はおおむね良好であった。

退行性下眼瞼内反症に対する水平方向の広範囲な埋没縫合法
林  憲吾、大野 京子、森山 無価、林 和歌子、望月  學 …… 529

退行性下眼瞼内反症に対して水平方向の広範囲な埋没縫合法で再発率は7.3%(3/41)であった。簡潔で低侵襲な術式であり、垂直方向と水平方向の矯正効果があると考えられた。

症例報告

右上同名1/4盲と漢字に著明な失読失書を示した左側頭葉後下部梗塞の1例
市川 良和、高梨 泰至、三原 悦子、荘司 琢郎、木下 香織、清水 保孝 …… 535

右上同名1/4盲と漢字に著明な失読を呈した左側頭葉後下部梗塞の1例を報告した。漢字の読み書きには角回よりも側頭葉後下部の関与が示唆された。

抗網膜双極細胞抗体陽性の悪性黒色腫関連網膜症の1例
花谷 淳子、中村ヤス子、子島 良平、宮田 和典、米良健太郎、大黒  浩、山本 修一 …… 541

悪性黒色腫関連網膜症の本邦からの報告はまれである。今回、抗網膜双極細胞抗体が陽性で、悪性黒色腫関連網膜症と確定診断した症例を経験した。

訂正文

…… 547

学会トピックス

角膜カンファランス2011
…… 548

外国誌要覧

…… 550

戦略企画会議から

女性医師支援の活動について
山本 修一、湯澤美都子 …… 558

編集室

最近の「編集室」を振り返ってみると
後藤  浩 …… 560

日本眼科社会保険会議シンポジウム報告

第34回日本眼科手術学会総会 日本眼科社会保険会議ミーティング 平成24年度診療報酬改定―眼科からの要望―
…… 562

専門医制度・生涯教育講座

…… 569

会報

…… 151

学会・研究会

…… 158

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.