日本眼科学会:多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療の施設基準の見直しに伴う登録システムについて
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療の施設基準の見直しに伴う登録システムについて
お知らせ

会員 各位

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療の施設基準の見直しに伴う登録システムについて

 平素より、日本眼科学会の運営にご支援、ご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
 さて、厚生労働省から先進医療に認められている「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の施設基準が、このたび見直しになりました。新たな要件として、各施行施設は次の手続きが必要です。

  1. 日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)ウェブサイト
    https://senshiniryo-tasyoten.org/)から登録すること。
  2. 同ウェブサイトでオンライン研修を受講し、登録証明書の発行を受けること。
  3. 登録証明書とともに先進医療に係る変更届出書を各所管の地方厚生(支)局または当該厚生局の事務所へ郵送で提出すること。

 登録および提出の期限は、平成28年4月15日(金曜日)までとなっています。
 詳細は、日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)設置のウェブサイト(https://senshiniryo-tasyoten.org/)をご覧ください。
 ご対応をよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人 日本眼科学会

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.