日本眼科学会:公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金2020年度助成対象者決定
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金2020年度助成対象者決定
お知らせ

公益信託 参天製薬創業者記念眼科医学研究基金
2020年度助成対象者決定

 公益信託参天製薬創業者記念眼科医学研究基金の2020年度の助成対象者が以下の8名に決定しました。

 当基金は、眼科医学に関する優れた研究に対する助成を行い、我が国眼科医学の進歩と日本国民の健康の増進に寄与することを目的として平成22年9月30日に文部科学大臣の許可を受けて設立され、若手研究者を対象に助成活動を行っています。

 本助成対象者の選考は、国内の眼科医学の学識経験者および当基金の運営委員会にて厳正な審査を以って行われました。

(敬称略・氏名五十音順)
氏名 所属 研究テーマ
秋山 雅人 九州大学大学院 希少眼腫瘍の網羅的ゲノム解析
石川桂二郎 九州大学大学院 難治性眼内線維増殖に対する形質転換を標的とした新規治療薬の開発
猪俣 武範 順天堂大学 モバイルヘルスとゲノム情報の融合によるドライアイに対する個別化医療と先制医療実現のための研究
庄司 拓平 埼玉医科大学 眼球運動を負荷した新たな緑内障視野評価指標の確立
高田  匠 京都大学 蛋白質内部アミノ酸の化学反応を利用した加齢性白内障発症マーカーの確立
長谷敬太郎 北海道大学大学院 ぶどう膜炎における脂質酸化プロセスの解明と網膜障害軽症化の試み
藤波  芳 独)国立病院機構 ゲノム多様性解析を用いた三宅病の進化的発症起源の探索
森  琢磨 信州大学 CASK遺伝子欠損のモザイク発現パターンが視神経を萎縮させるメカニズムの解明とその遺伝子治療

2021年度も募集・助成活動を行います。詳しくは事務局までお問い合わせください。

以上

○事務局
三菱UFJ信託銀行リテール受託業務部公益信託課
参天製薬創業者記念眼科医学研究基金担当
Tel:0120-622372(フリーダイヤル)
(受付時間 平日9:00〜17:00 土・日・祝祭日等を除く)
E-mail:koueki_post@tr.mufg.jp
メール件名には基金名を必ずご記入下さい)

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.