日本眼科学会:医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としての利用も可能と考えられる候補成分について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としての利用も可能と考えられる候補成分について
お知らせ

医学会発 第52号
平成22年11月30日

日本医学会分科会 理事長 殿

日本医学会長
高久 史麿

医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としての
利用も可能と考えられる候補成分について

 平素より、本会の事業推進にご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。
 さて、厚生労働省医薬食品局審査管理課長より本職宛に、日本製薬団体連合会会長に「医療用医薬品の有効成分のうち一般用医薬品としての利用も可能と考えられる候補成分について」の通知をした旨のお知らせがありましたので、貴学会の会員各位に周知の程よろしくお願いします。内容は、下記のURLをご覧くださいますようお願いします。
 URL: http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T101129I0010.pdf
 なお、詳細につきましては、厚生労働省医薬食品局審査管理課(Tel:03-5253-1111(内線2741) 担当:岡澤氏)にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

日本医学会 Tel:03-3946-2121(内線4260)
(担当 高橋)

Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.