日本眼科学会:令和元年度学術奨励賞受賞者の決定について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 令和元年度学術奨励賞受賞者の決定について
お知らせ

令和元年度学術奨励賞受賞者の決定について

 令和元年度学術奨励賞の受賞者に、下記5名が決定いたしましたのでお知らせいたします。
 なお、授与式は令和2年4月開催の第124回日本眼科学会総会「総会議事」において行い、賞状ならびに研究助成金(各30万円)を授与します。また、その総会において記念講演を行います。

  • 秋山 雅人(九州大学)
    Genome-wide association study suggests four variants influencing outcomes with ranibizumab therapy in exudative age-related macular degeneration. J Hum Genet 63:1083-1091, 2018.
  • 猪俣 武範(順天堂大学)
    Risk factors for severe dry eye disease:crowdsourced research using DryEyeRhythm. Ophthalmology 126:766-768, 2019.
  • 後藤  聡(大阪大学)
    Neural retina-specific Aldh1a1 controls dorsal choroidal vascular development via Sox9 expression in retinal pigment epithelial cells. eLife 7:e32358, 2018.
  • 高山  圭(防衛医科大学校)
    Novel classification of early-stage systemic hypertensive changes in human retina based on OCTA measurement of choriocapillaris. Sci Rep 8:15163, 2018.
  • 畑  匡侑(モントリオール大学)
    Reduction of lipid accumulation rescues Bietti's crystalline dystrophy phenotypes. Proc Natl Acad Sci USA 115:3936-3941, 2018.

以上(五十音順)

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.