日本眼科学会:第124回日本眼科学会総会 演題採択率一覧(一般講演・学術展示)
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 第124回日本眼科学会総会 演題採択率一覧(一般講演・学術展示)
お知らせ

第124回日本眼科学会総会 演題採択率一覧(一般講演・学術展示)

 日本眼科学会総集会プログラム委員会規程施行細則第4条により第124回日本眼科学会総会(令和2年4月16日(木曜日)〜19日(日曜日) 東京国際フォーラム 東京医科大学 後藤 浩総会長)の査読後の演題採択率を下記に報告いたします。

日本眼科学会総集会プログラム委員会
2020年担当委員長 堀 裕一

カテゴリー 応募数 採択演題数 採択率
一般講演 学術展示 合計
01.角結膜 58
(3)
34 22
(3)
56
(3)
96.6%
(100.0%)
02.水晶体・白内障 49
(4)
34 12
(3)
46
(3)
93.9%
(75.0%)
03.緑内障 106
(2)
68
(1)
36
(1)
104
(2)
98.1%
(100.0%)
04.網膜・硝子体 176
(7)
111
(5)
57
(2)
168
(7)
95.5%
(100.0%)
05.眼炎症・感染・ぶどう膜 37 24 11 35 94.6%
06.斜視・弱視・小児眼科・神経眼科 31
(4)
20
(1)
10
(2)
30
(3)
96.8%
(75.0%)
07.屈折・視機能 22
(1)
12
(1)
9 21
(1)
95.5%
(100.0%)
08.腫瘍・眼窩・眼瞼・涙器・病理・薬理 32 18 13 31 96.9%
09.ロービジョン・色覚・電気生理 10 5 5 10 100.0%
10.医療・医政・その他 13 6 6 12 92.3%
一般演題 計 534
(21)
332
(8)
181
(11)
513
(19)
96.1%
90.5%

注1:各項目括弧内の数字は国際メンバーシップ会員の演題数です。
注2:今回の採択率は令和2年1月6日現在のものであり、今後、演者からの演題取下げにより最終的な採択率が変更になる可能性がありますので申し添えます。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.