日本眼科学会:令和元年度日本眼科学会雑誌最優秀論文賞の決定について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 令和元年度日本眼科学会雑誌最優秀論文賞の決定について
お知らせ

令和元年度日本眼科学会雑誌最優秀論文賞の決定について

 今般、「日本眼科学会雑誌最優秀論文表彰規程」に従い、受賞論文を選考し下記の論文に決定いたしました。受賞者を代表して筆頭著者には賞状ならびに研究助成金として100万円を授与いたしました。

重安 千花 氏 「Hansen病における眼後遺症と視機能障害の現状」
第123巻第1号51-57,2019.

公益財団法人 日本眼科学会

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.