日本眼科学会:令和2年度学術奨励賞受賞者の決定について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 令和2年度学術奨励賞受賞者の決定について
お知らせ

令和2年度学術奨励賞受賞者の決定について

 令和2年度学術奨励賞の受賞者に、下記5名が決定いたしましたのでお知らせいたします。
 なお、授与式は令和3年4月開催の第125回日本眼科学会総会「総会議事」において行い、賞状ならびに研究助成金(各30万円)を授与します。また、その総会において記念講演を行います。

  • 小南 太郎(名古屋大学)
    Electrically evoked potentials are reduced compared to axon numbers in rhodopsin P347L transgenic rabbits with severe photoreceptor degeneration. Invest Ophthalmol Vis Sci 60:2543-2550, 2019.
  • 寺尾  亮(東京大学)
    Light stress-induced increase of sphingosine 1-phosphate in photoreceptors and its relevance to retinal degeneration. Int J Mol Sci 20:3670, 2019.
  • 富田 洋平(ハーバード大学)
    Pemafibrate prevents retinal pathological neovascularization by increasing FGF21 level in a murine oxygen-induced retinopathy model. Int J Mol Sci 20:5878, 2019.
  • 方  雨新(東京医科歯科大学)
    OCT-based diagnostic criteria for different stages of myopic maculopathy. Ophthalmology 126:1018-1032, 2019.
  • 藤原 康太(九州大学)
    Glucose tolerance levels and circumpapillary retinal nerve fiber layer thickness in a general Japanese population:the Hisayama Study. Am J Ophthalmol 205:140-146, 2019.

以上(五十音順)

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.