日本眼科学会:専門医資格更新時の眼科臨床経験算定基準の変更について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 専門医資格更新時の眼科臨床経験算定基準の変更について
お知らせ

専門医資格更新時の眼科臨床経験算定基準の変更について

日本眼科学会専門医制度委員会

眼科専門医資格の更新をするためには、5年間以上の眼科臨床経験が必要ですが、具体的な基準として週32時間以上かつ週4日以上の勤務で算定することとしていましたが、このたび時間数を削除し、週4日以上の勤務のみで算定できるよう変更いたしましたので、お知らせします。

日本眼科学会専門医制度規則施行細則
第20条〔資格更新の基準〕

 (1)専門医認定日から5年間以上、眼科臨床経験を有することを大学眼科主任教授もしくはこれに準ずる者、または、日本眼科医会会長が証明した者。
 (2)専門医認定日から継続して日本眼科学会および日本眼科医会会員である者。
 (3)専門医認定日から生涯教育基準の別表第二に定めるところにより5年間に100単位を取得した者。



メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.