日本眼科学会:第30回日本眼科学会専門医認定試験の実施について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 第30回日本眼科学会専門医認定試験の実施について
お知らせ

第30回日本眼科学会専門医認定試験の実施について

平成29年12月

日本眼科学会専門医制度委員会
委員長 坂本 泰二

 第30回日本眼科学会専門医認定試験を下記の通り行います。受験関係書類を必要とされる方は1月以降に下記事務局へ請求してください。なお、受験予定者のうち、専門医制度規則施行細則第13条による研修の申請を行った方(IDカードをお持ちで年間手数料5,000円を納入されている方)および認定研修施設には1月に直接ご案内いたします。

  1. 試験日
    平成30年6月8日(金曜日)、9日(土曜日) 2日間
  2. 試験場
    フォーラム8(東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル)
  3. 試験方法
    第1日目 筆記試験
    第2日目 口頭試問
  4. 試験内容
    筆記試験は、多肢選択方式で、一般問題(100問)および臨床実地問題(50問)の予定
    口頭試問は、1人約15分間の予定
  5. 出願書類受付期間
    平成30年2月1日(木曜日)から3月5日(月曜日)まで
    (3月5日消印有効、それ以後のものは受け付けない)
  6. 受験料
    50,000円
  7. 出願書類提出先
    下記事務局
  8. 受験資格
    (1)平成15年以前医師国家試験合格者
    認定研修施設において5年以上専門医制度規則施行細則第7条で定められた眼科臨床研修を行い、また、4年以上日本眼科学会会員であり、かつ受験時に日本眼科医会会員であること。
    (2)平成16年医師国家試験合格者
    厚生労働省の定める2年の医師臨床研修修了後、認定研修施設において4年以上専門医制度規則施行細則第7条で定める研修内容による眼科臨床研修を行い、また、4年以上日本眼科学会会員であり、かつ受験時に日本眼科医会会員であること。
    (3)平成17年以降医師国家試験合格者
    厚生労働省の定める2年の卒後臨床研修終了後、眼科研修プログラム施行施設(基幹研修施設)において当初2年の間に1年以上の研修を含む、4年以上専門医制度規則施行細則第7条で定める研修内容により認定研修施設において眼科臨床研修を行い、また、4年以上日本眼科学会会員であり、かつ、受験時に日本眼科医会会員であること。
    ・平成15年以前と平成16年以降の医師国家試験合格者では臨床研修期間が異なります。ご注意ください。

日本眼科学会専門医制度委員会事務局
〒101-8346 東京都千代田区猿楽町2-4-11-402
Tel:03-3295-2360

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.