日本眼科学会:日本眼科学会専門医制度第69回講習会のご案内
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 日本眼科学会専門医制度第69回講習会のご案内
お知らせ

日本眼科学会専門医制度第69回講習会のご案内

■講習会日程
平成31年4月20日(土曜日) 18時〜21時

テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ(65)』
糖尿病眼合併症診療の進歩

オーガナイザー 高木  均 教授(聖マリ医大)
東京国際フォーラム ホールB7(1)(予定)

テーマ2.『専門医共通講習会(3)』
医療倫理・医療安全・感染対策

オーガナイザー 中村  誠 教授(神戸大)
東京国際フォーラム ホールB7(2)(予定)

会場
東京国際フォーラム 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
TEL:03-5221-9000


講習会プログラム

テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ(65)』 糖尿病眼合併症診療の進歩
 オーガナイザー 高木  均(聖マリ医大)

演題:1)糖尿病と神経眼科
 三村  治(兵庫医大)

  1. 糖尿病性眼筋麻痺の頻度と経過、鑑別診断
  2. 外眼筋麻痺の治療
  3. 糖尿病と虚血性視神経症

演題:2)糖尿病網膜症検査の進歩
―ここまで進歩した非侵襲的検査―

 向後 二郎(聖マリ医大)

  1. Wide Field Fundus Photography(広角眼底撮影)でこんなに見える!
  2. 光干渉断層計(OCT)で病態や予後がわかる?
  3. OCT angiographyで造影不要?

演題:3)網膜症の病態と薬物療法
―糖尿病網膜症薬物療法の近未来―

 楠原仙太郎(神戸大)

  1. 糖尿病網膜症の病態理解
  2. 糖尿病黄斑浮腫・糖尿病網膜症に対する分子標的治療
  3. 糖尿病黄斑浮腫治療における副腎皮質ステロイドの位置づけ
  4. 糖尿病網膜神経変性に対する予防的点眼治療

演題:4)光凝固と硝子体手術
 鈴間  潔(香川大)

  1. 光凝固:パターンスキャンからナビゲーションシステムへ
  2. より低侵襲な硝子体手術を目指して

テーマ2.『専門医共通講習会(3)』 医療倫理・医療安全・感染対策
 オーガナイザー 中村  誠(神戸大)

演題:1)臨床倫理の基礎と実践
―倫理的推論(ethical reasoning)のスキルを中心に―

 板井孝壱郎(宮崎大・生命医療倫理学)

  1. 医療倫理の歴史と基本原則、法と倫理の関係
  2. 「無危害」倫理原則と「安全・安心な医療」
  3. 「倫理的感性(ethical sensitivity)」と「倫理的推論」のスキル

演題:2)新しい医療安全の時代に向けて
 小林 和幸(神戸大・医療の質・安全管理部)

  1. 医療安全の潮流
  2. インシデントへの対応 〜Safety-I〜
  3. 複雑適応システム・高信頼性組織の構築 〜Safety-II〜

演題:3)眼感染症とその対策
 外園 千恵(京都府医大)

  1. 眼感染症の種類と病原体
  2. 眼所見および検査の診方と考え方
  3. 眼感染症のリスクマネージメント

※専門医共通講習会は、遅刻・早退を認めませんので、受講の際はご注意ください。
※専門医共通講習会受講証は講演終了後にお渡しいたします。

*講習会事前登録は3月20日(水曜日)に締切とさせていただきましたので受講希望者は、講習会当日に専門医制度受付デスクにてお申し込みください。

(2019年3月15日 再掲)

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.