日本眼科学会:日本眼科学会専門医制度第70回講習会当日登録のご案内
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 日本眼科学会専門医制度第70回講習会当日登録のご案内
お知らせ

日本眼科学会専門医制度第70回講習会当日登録のご案内

■講習会日程
令和元年10月26日(土曜日)18時15分〜21時15分

テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ(66)』
コンタクトレンズ診療の要点

オーガナイザー 梶田 雅義 博士(梶田眼科)
国立京都国際会館 アネックスホール1

テーマ2.『眼科学の基礎シリーズ(40)』
眼科領域における分子標的薬

オーガナイザー 石田  晋 教授(北海道大)
国立京都国際会館 アネックスホール2

■会場
国立京都国際会館 〒606-0001 京都府京都市左京区宝ヶ池
TEL:075-705-1229


講習会プログラム

テーマ1.『プライマリ・ケア・シリーズ(66)』 コンタクトレンズ診療の要点
 オーガナイザー 梶田 雅義(梶田眼科)

演題:1)コンタクトレンズの基礎知識
 大口 泰治(福島県医大)

  1. コンタクトレンズと眼鏡の違い
  2. コンタクトレンズの分類
  3. コンタクトレンズと眼生理

演題:2)ハードコンタクトレンズの基礎と処方方法
 糸井 素啓(京都府医大)

  1. HCLの基礎
  2. 通常の屈折異常眼へのHCL処方
  3. 角膜不正乱視眼へのHCL処方

演題:3)ソフトコンタクトレンズの基礎と処方方法
 二宮さゆり(伊丹中央眼科)

  1. SCLの特長
  2. SCLの処方
  3. 目的に応じたSCL選びのヒント

演題:4)快適コンタクトレンズ矯正と不快を予知する知識
 梶田 雅義(梶田眼科)

  1. 初回および検診時の装用指導
  2. 眼障害を回避する知識
  3. 装用に伴う生理的な変化に対応する知識

テーマ2.『眼科学の基礎シリーズ(40)』 眼科領域における分子標的薬
 オーガナイザー 石田  晋(北海道大)

演題:1)TNF阻害薬による非感染性ぶどう膜炎の治療
 高瀬  博(医科歯科大)

  1. TNF阻害薬の作用機序
  2. TNF阻害薬の適応疾患
  3. 適正使用のための診断プロセス
  4. TNF阻害薬に期待される効果

演題:2)網脈絡膜疾患に対する抗VEGF薬治療
 吉田 茂生(久留米大)

  1. VEGFの基礎
  2. 現在の抗VEGF薬治療
  3. 近未来の新薬

演題:3)Angiopoietin-Tie2シグナルを標的とした薬剤
―眼疾患に対する新薬の可能性―

 植村 明嘉(名古屋市大)

  1. Angiopoietin-Tie2シグナルとは?
  2. 抗Angiopoietin-2薬とTie2活性化薬
  3. 抗VEGF療法のアジュバントとして:とくにDMEとAMD
  4. 眼炎症や緑内障におけるAngiopoietin-Tie2シグナル

演題:4)緑内障領域における分子標的薬
 井上 俊洋(熊本大)

  1. 抗TGF-β治療と緑内障治療
  2. 抗VEGF治療と緑内障治療
  3. その他の分子標的薬と緑内障治療

講習会事前登録は締切ましたが、席に余裕がありますので、当日登録を行います(日本臨床眼科学会期間中も受付をいたします)。奮ってご参加ください。

なお、受講料は下記のとおりです。
受講料:
眼科専門医更新登録者 2,000円
眼科専門医志向登録者 1,000円
眼科研修医(専門医志向登録をしていない方)、他科の医師、視能訓練士、医療従事者の方 6,000円

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.