日本眼科学会:日本専門医機構 眼科領域の2019年度(平成31年度)専門研修プログラムの申請について
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Homeお知らせ > 日本専門医機構 眼科領域の2019年度(平成31年度)専門研修プログラムの申請について
お知らせ

日本専門医機構 眼科領域の
2019年度(平成31年度)専門研修プログラムの申請について

2019年(平成31年)度の日本専門医機構専門研修プログラムについて、新規の申請の受付を開始いたします。2019年度から専門研修基幹施設を希望される場合は、下記をご覧いただき申請いただきますようお願い申し上げます。

*2018年4月から開始される専門研修プログラムが認定されている基幹施設は、新規申請を行う必要はございません。

【申請書類について】

(1)専門研修プログラム申請書A(日本専門医機構所定のもの 基幹研修施設概要)
(2)専門研修プログラム申請書B(日本専門医機構所定のもの 連携施設概要)
(3)眼科領域一覧表(専門研修基幹施設)※1
(4)眼科領域一覧表(専門研修連携施設)
(5)専門研修プログラム(冊子):※2、※3
   申請を行う施設の専門研修プログラムの詳細を記載したもの

(1)〜(5)の書類すべてを、下記からダウンロードして、直接それぞれのファイルに書き込みをして作成いただきますようお願い申し上げます。

※1:(3)の眼科領域一覧表の中で、指導医氏名、指導医登録番号を記入いただく欄は、専門医資格を1回以上更新された方で、更新回数の多い方から順に記入してください。

※2:(5)の専門研修プログラム(冊子)は、眼科版モデルプログラムとして都会大学、地方大学の両方を見本として入れてあります。大学でない場合でもいずれかを使用して作成してください。
(東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県の5都府県の基幹研修施設が、都会大学の対象になります。)

※3:専門研修プログラム整備基準と専門医制度新整備指針、運用細則は申請書作成前に必ずご確認ください。なお、プログラム冊子の中に募集定員数及び応募期間を記載する項目がありますが、今回の申請では記載しないでください(応募期間の変更の可能性があるため)。

【認定料について】

プログラム認定料は、都道府県協議会・日本専門医機構による二次審査が終了した後、日本専門医機構からの請求となります。請求金額は5万円一括で、5年間の認定期間となります。なお、審査料は徴収いたしませんので、プログラムが認定されなかった場合、料金は発生いたしません。

申請を希望される場合は、上記のファイルすべて、デジタルファイルで作成後、下記の眼科領域研修委員会宛にメール添付でお送りください。締切は下記のとおりです。
申請書類受付期間:
2018年(平成30年)4月2日(月曜日)〜30日(月曜日・祝日)締切必着

提出先:日本専門医機構 専門研修プログラム研修施設評価・認定部門
    眼科領域研修委員会宛
    E-mail:kyotsu@po.nichigan.or.jp

何卒よろしくお願い申し上げます。

日本眼科学会専門研修プログラム委員会
委員長 坂本 泰二


*眼科研修プログラムの変更について

 既に認定されているプログラムについて、指導医や連携施設などの各種情報に関して変更がある場合には、以下の様式を使用し、本会までご申請ください。変更届提出後、日本専門医機構へ確認いたします。


Adobe Readerのダウンロード PDFを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.