日本眼科学会:目の病気 新生児涙嚢炎
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home一般のみなさまへ目の病気 > 新生児涙嚢炎
一般のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
目の病気
市民公開講座
専門医一覧

目の病気

眼瞼や涙器の病気

新生児涙嚢炎

新生児涙嚢炎とは
 涙は涙腺で作られて眼球表面を潤し、目頭にある涙点という小さな穴に吸い込まれます。吸い込まれた涙は細い管(鼻涙管)を通って鼻の奥へと流れます(図1)。この管の途中(主に鼻腔への出口の部分)に膜のようなものが残り、行き止まりになってしまった状態のまま生まれてくるお子さんがおり、これを先天性鼻涙管閉塞症と呼びます。この場合、涙は行き場を失ってしまうため、赤ちゃんはいつもたくさんの涙を目に浮かべているような状態となります。うまく涙が流れないため、この管のなかで細菌感染を起こすことがあり、これを新生児涙嚢炎と呼びます。こうなると、眼に涙が溜まる症状の他に、目やにが多く出るようになります。

図1.涙道の構造

新生児涙嚢炎の診断
 多くの場合、生まれて間もなくから目やにが多く、いつも涙を浮かべているようだといったような症状で眼科を受診されます。このような場合、まず涙管通水検査を行います。これは目頭にある涙点から生理食塩水を注入し、正常であれば鼻の奥に通過してゆくことが確認できますが、生理食塩水が涙点から逆流する場合は鼻涙管閉塞症であると診断することができます。さらに、逆流の中に膿が多い場合は、涙嚢炎まで合併していると判断できます。

新生児涙嚢炎の治療
 診断がついた場合、お子さんの月齢にもよりますが、まずは涙管通水検査を頻回に繰り返し、必要であれば抗生物質の点眼を併用した涙嚢マッサージをご家庭で行っていただきます。これによって鼻涙管が自然に開通することがあります。この場合の涙管通水検査は、検査の目的で行うのではなく、通水による水圧で自然開通を助ける目的があります。また、涙嚢炎を合併している場合は洗浄効果もあります。
 以上の方法によっても自然開通が見込めない場合や、すでに初診時のお子さんの月齢が乳児期の半ばから後半であった場合、鼻涙管開放術(ブジー)を行います。これは、涙点から細い針金のようなもの(ブジー針)を鼻涙管に差し込んで、涙の流れを邪魔している膜を突き破るという方法です(図2)。この治療は、通常、外来で行われます。ごくまれですが、この鼻涙管開放術を行っても開通できないことがあり、この場合は手術を行うこともあります。
 この病気は自然開通することが多いため、治療の方法もまちまちです。1歳になるまで鼻涙管開放術を行わないでよいとする報告や、いつでも涙が溜まった状態がお子さんのストレスになりかねないとする観点から、早めの鼻涙管開放術を勧める報告まであります。治療の方法や治療時期については、主治医とよく相談して決めることが重要です。

図2.鼻涙管開放術(ブジー)のイメージ
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.