日本眼科学会:目の病気 弱視
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home一般のみなさまへ目の病気 > 弱視
一般のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
目の病気
市民公開講座
専門医一覧

目の病気

その他

弱視

弱視とは
 目の前にあるものは、角膜、水晶体、硝子体を通って、網膜の中心窩(ちゅうしんか:網膜の中で視力が一番良い部分)にピントが合った後に、その情報が視神経を通って脳に伝わります(図1)。
 弱視は、この視覚情報が伝わる経路のどこかに支障があるときに生じます。この原因は通常、視力の発達の感受性期(※)に片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために視力の発達が止まったり遅れたりすることによります。例えば、後述するように弱視は、生まれたときから3歳くらいまでの間に、片方の目のまぶたがさがったままだったり、黒目の中心の部分が濁っていたり、片方の目の位置がずれていたり、きちんと網膜にピントが合わない場合に起こります。
 弱視は、医学的弱視と社会的弱視に分けられます。
 *医学的弱視:視力の発達の感受性期に適切な刺激を受け取ることができなかったために生じた弱視で、眼鏡をかけたり訓練をしたりすることで視力が良くなる可能性があります。
 *社会的弱視:あらゆる種類の目の病気によって生じた回復困難な視力障害のことをいい、盲や弱視を含めてロービジョンともいわれます。
 ここでは、医学的弱視について原因別に説明します。

図1.眼前のものが脳内で認識されるまで(イメージ図)

(1)網膜に光を通しにくい(形態覚遮断弱視:けいたいかくしゃだんじゃくし)
 生まれたときからまぶたがさがっている(眼瞼下垂:がんけんかすい)、黒目の部分が濁っている(角膜混濁:かくまくこんだく、白内障:はくないしょう)などの病気があって網膜に刺激が十分に入らないと視力が発達しません。しっかり視覚刺激を受け取るには、原因を取り除くための手術が必要なこともあります。
(2)片方の目の位置がずれている(斜視弱視)
 ものを見ようとするときに片目は正面を向いていても、もう一方の目が違う方向を向いてしまっている状態のことを斜視といいます。片目の視線がずれている場合、その目が使われないために視力が発達しません。
(3)網膜にきちんとピントが合わない(屈折異常弱視)
 両目に強い遠視や乱視があると網膜にきちんとピントが合いません。このような状態で過ごしていると、視力が発達しません。
(4)右眼と左眼の屈折度数(近視、遠視や乱視などの屈折異常の程度)に大きな差がある(不同視弱視)
 右眼と左眼の屈折度数の差が大きいと、屈折度数の大きいほうの目にきちんとピントが合わず、その目が使われないために視力が発達しません。

※視力の発達の感受性期とは
 もともと、人間は生まれたときからはっきりものが見えているのではなく、生まれた後に外界からの適切な視覚刺激を受けることによって発達します。外界からの刺激によって脳の神経回路が集中的に作られる時期のことを感受性期といいます。
 人間の視覚の感受性は、生後1か月から上昇しはじめ1歳半ごろにピークに達し、その後徐々に減衰してだいたい8歳ごろまでに消失すると考えられています。この感受性期は、弱視の治療効果にも影響しやすい時期といえます。いいかえれば、感受性の高い時期ほど弱視治療に対する反応が良く、感受性が減るほど治療に対する反応が悪くなります。

弱視の治療
(1)眼鏡をいつもかけておくこと
 弱視の治療は、弱視の種類や発生した時期によって違います。しかし、どのような種類の弱視でも屈折異常がある場合は、眼鏡をかけて網膜の中心窩に焦点を合わせて鮮明な像が結ばれる状態にして、視力の発達を促すことが大切です(図2)。
 お子さんによっては眼鏡をかけたがらないことがありますが、眼鏡をかけないで鮮明な像を見ない状態では視力は良くなることはありません。少なくとも視力の発達が望める8歳までには正常な視力にするように眼鏡をかけることが大切です。ただし、お子さんに無理強いするとストレスになってしまうことがあるので、ご家族の協力のもとで眼鏡をかけやすい環境を作ってあげることが必要です。また、お子さんは、大人と違って鼻が低いため眼鏡がずれやすいです(図3)。眼鏡がずれてしまうと、眼鏡の効果が減って治療にも影響しますので、いつもその調整が必要です。また、お子さんの屈折度数は、成長とともに変化しますので、定期的に眼科でチェックをして適切な眼鏡に変更することが大切です。屈折度数の矯正には、眼鏡以外にコンタクトレンズによる矯正方法もありますが、コンタクトレンズは取扱いに注意を要するため特別な場合を除いて眼鏡をかけることが第一選択です。いったん視力が発達して安定すると戻ることはありません。

図2.眼鏡をかけた状態 図3.眼鏡がずれた状態

(2)視力の良いほうの目を隠して悪いほうの目でしっかり見る(遮閉訓練:しゃへいくんれん)
 眼鏡をかけるだけで視力が良くならない場合は、遮閉訓練も一緒に行います。遮閉訓練は、視力の良いほうの目に遮閉具(アイパッチ®)を付け、視力の悪いほうの目でしっかり見るように促す訓練です(図4)。
 遮閉具を嫌がる場合は、お子さんの好きなキャラクターを遮閉具に書いたり、シールを貼ったりします(図5)。また、眼鏡をかけている場合は、眼鏡の上から布製の遮閉具を付けるなどの工夫をしてみるとよいです(図6)。

図4.アイパッチをつけた状態

図5.シールを貼ったアイパッチ
左:シールを貼った遮閉具 中央:皮膚かぶれに対し接着面を最小限にした遮閉具 右:皮膚かぶれに対し接着面に切込みを入れた遮閉具
(川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科 小林泰子助教提供)

図6.布製の遮閉具
(川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科 小林泰子助教提供)

弱視についてのQ&A

Q.生まれたときから片目だけまぶたがしっかり開かない場合は、弱視になりますか?

A.片目だけまぶたが開きにくい場合は、十分な視覚の情報が目に入らないために弱視になってしまうことがあります。気になる場合は、必ず眼科を受診してください。

Q.テレビを近づいて見るのでテレビから離して見るように注意するのですが、気がつくとテレビに近づいています。見えていないのでしょうか?

A.いつもテレビを近づいて見ているのは、よく見えていないということも考えられます。また、ものを見るときに顔を傾けて見ているようなこともあると、どちらかの目が見えにくいということがあります。何度注意してもテレビを近づいて見たり、顔を傾けて見たりしているようなことがあれば、眼科を受診してください。

Q.親が弱視だったら子どもに遺伝しますか?

A.医学的弱視のほとんどは、遺伝との因果関係ははっきりしていません。社会的弱視の中には、遺伝に関与するものがあります。

Q.家庭でできる弱視の見つけ方はありますか?

A.まぶたがさがっていたり、黒目が濁っていたり、片方の目の位置がずれている場合は、見た目で分かるので発見しやすいです。しかし、目の屈折度数が強かったり、左右の目で屈折度数の大きな違いがあったりするような場合は、見た目では分かりません。また、お子さんはもともと見えにくい状況が当たり前として育っているため、「見えない」とか「見えにくい」というように訴えることがほとんどありません。
 次のようなことに当てはまる場合は、眼科を受診してください。
 *何かものにぶつかりやすい。
 *転びやすい。
 *目の前の小さなものをつかみ損ないやすい。
 *近くでの作業(ぬりえ、お絵かきなど)をするとすぐ飽きてやめてしまう。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.