日本眼科学会:目の病気 網膜静脈閉塞
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home一般のみなさまへ目の病気 > 網膜静脈閉塞
一般のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
目の病気
市民公開講座
専門医一覧

目の病気

網膜・硝子体の病気

網膜静脈閉塞

はじめに
 「血圧が高く、眼底出血があるといわれた」となれば、まず、この疾患を考えます。急激な視力低下、突然の視野障害が代表的な症状ですが、自然に良くなる場合も多いので、医師の厳重な管理のもとで経過観察をすることもあります。

網膜静脈閉塞症とは
 眼球の内側には光や色を感じる網膜という組織があります(図)。網膜全体に分布する血管の一つが網膜静脈で、いろいろな原因で網膜静脈が途絶えると、網膜に出血する網膜静脈閉塞症という疾患になります。網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、網膜全体に出血します。また、静脈の分枝が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となり、網膜の限局した部位に出血します。

図.眼底の全体像(オレンジ色の部分が網膜)

症状
(1)急激な視力低下
 出血やむくみ(浮腫)が、視力に最もかかわる網膜の黄斑に及ぶと視力が低下します。特徴的なのは突然生じるということで、*月*日に見えなくなったと症状の発症時期がはっきりしていることが少なくありません。
(2)突然の視野障害
 黄斑が侵されていない場合は、病変の部位によって症状が異なります(例、上あるいは下の方が見えなくなった)。
(3)変視症
 物がゆがんで見えたり、曲がって見えることがあります。
(4)まったく無症状のこともあります。

原因
(1)高血圧
 本疾患の最も多い原因です。
(2)動脈硬化
 高血圧は動脈硬化の原因の一つですが、高血圧がなくても動脈硬化が高度な場合は本疾患の原因となります。

合併症
(1)硝子体出血
 眼球腔内に出血が充満した状態で、著しく視力が低下します。
(2)血管新生緑内障
 網膜中心静脈閉塞症で合併することがあります。

検査
 病変の範囲、部位、血管閉塞の程度を知るために眼底検査のほかに蛍光眼底造影検査を行うことがあります。最近では、黄斑のむくみの程度を観察するために光干渉断層計による検査を行うことが多くなっています。

治療
(1)網膜光凝固
 硝子体出血や血管新生緑内障などの合併症を予防あるいは治療するために行うことがあります。黄斑のむくみの治療として行うこともあります。
(2)硝子体内注射
 黄斑のむくみの治療のために眼球内に種々の薬剤を注射することがあります。注射する薬剤は、副腎皮質ホルモンや血管内皮増殖因子というむくみや新生血管(本来の血管ではない新しく形成される異常な血管)を抑制する効果のある薬剤などです。
(3)手術(硝子体手術)
 黄斑のむくみをとる目的で行う場合と硝子体出血などの合併症を治療する目的で行う場合があります。

メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.