日本眼科学会:市民公開講座
日本眼科学会 Japanese Ophthalmological Society
サイト内検索
検索方法
English HOME English English
会員専用コンテンツMY NICHIGANDEX
サポートセンター
HelpMY NICHIGANDEXとは?
MY NICHIGANDEXへログイン
お問い合わせ サイトマップ
メインナビゲーションを飛ばす
Home一般のみなさまへ市民公開講座 > 感覚器機能障害の克服一般のみなさまへ
コンテンツインデックスへ戻る
目の病気
市民公開講座
専門医一覧

市民公開講座

感覚器機能障害の克服

会期:2004年8月30日(月曜日)13時30分〜16時30分
会場:日本学術会議大会議室(東京都港区六本木7-22-34)
主催:日本学術会議感覚器医学研究連絡委員会
共催:日本耳鼻咽喉科学会、日本眼科学会
プログラム

  1. 開会の辞─シンポジウム開催に当たって─
     金子 敏郎(千葉大学名誉教授)
    来賓挨拶
     未定
  2. 講演(13時40分〜16時 各20分) 
    座長 八木 聰明(日本医科大学教授)
       田野 保雄(大阪大学教授)
    1. 坪田 一男(慶応大学教授)
      「最近の角膜治療」
    2. 喜多村 健(東京医科歯科大学教授)
      「埋め込み型骨導補聴器の臨床」
    3. 加我 君孝(東京大学教授)
      「聴覚脳幹インプラント」
    4. 伊藤 壽一(京都大学教授)
      「聴覚の再生」
    5. 高橋 政代(京都大学助教授)
      「網膜の機能再生を目指して」
    6. 不二門 尚(大阪大学教授)
      「人工視覚の実用化に向けて」
    7. 三宅 養三(名古屋大学教授)
      「網膜機能と形態の相互評価」
  3. 討論
  4. 閉会の辞─感覚器機能障害者のQOL向上に向けて─
     本田 孔士(大阪赤十字病院院長)
メインナビゲーションへ戻る
このページのトップへ
お問い合わせ利用規約プライバシーポリシーアクセシビリティ
Copyright © 公益財団法人日本眼科学会 All rights reserved.